朝日賞

2013年度 朝日賞
 ◆精神科医 小阪憲司さん/「第2の認知症」を発見
小阪憲司さん
早坂元興撮影

 認知症の中に、アルツハイマー型とは異なる症状や特徴を示す「レビー小体型認知症」を世界で初めて見つけた。各国の研究者の間では、「小阪病」の呼び名で通じるという。

 この認知症は大脳皮質に現れるレビー小体というたんぱく質の塊が原因で、実在しないものが見える幻視や動作が遅くなるパーキンソン症状などが特徴。うつ病などとも混同され、治療がうまくいかずに悩む患者や家族を救う道を切り開いた。

 発見のきっかけは新米医師だった1960年代、名古屋市内の病院で認知症の女性を診たときだった。パーキンソン症状が目立ったが、文献に当てはまる説明はない。「アルツハイマー型とは違うのではないか」と疑問を抱いた。

 女性は9年後、別の病気で亡くなった。脳を顕微鏡で見ると、大脳皮質に変わった塊があった。調べると、大脳皮質にはできないとされていたレビー小体だった。76年に定説を覆す論文を出した。

 発見後、世界で次々と同じ症例が見つかり、96年には国際的な診断基準ができた。約200人の認知症患者の脳を調べた結果、レビー小体型は2割で、アルツハイマー型の5割に次いだ。国内の患者数は推計で約50万人に上るという。

 発見から35年以上経ち、高齢化社会が来た。「認知症が注目される時代が来るとは」と驚く。今も診察を続けながら、「第2の認知症」の理解を広げるため、全国を回る。=(野中良祐)

    *

 こさか・けんじ 1939年三重県生まれ。65年金沢大医学部卒。医学博士。2003年横浜市立大名誉教授。10年からメディカルケアコート・クリニック(横浜市)院長。


2013(平成25)年度
宝塚歌劇団詳細へ 宝塚歌劇100年の日本の舞台芸術への貢献
仲代 達矢詳細へ 長年の俳優活動と後進育成による演劇・映画界への貢献
小阪 憲司詳細へ レビー小体型認知症の発見
森 和俊詳細へ 小胞体ストレス応答の解明