朝日賞 - The Asahi Prize -

2007(平成19)年度 朝日賞

▼トピックス
 
贈呈式、11氏を顕彰
朝日賞・大佛賞・大佛論壇賞



贈呈式、11氏を顕彰
朝日賞・大佛賞・大佛論壇賞


記念撮影する(前列左から)宮崎照宣さん、竹本住大夫さん、石井桃子さん、福山幸夫さん、山中伸弥さん、(後列左から)湯浅新治さん、戸田達史さん、遠藤玉夫さん=29日午後、東京・日比谷で

  学術や芸術などの分野で卓越した業績を上げた個人・団体に贈る07年度朝日賞、優れた散文をたたえる第34回大佛次郎賞、政治・経済・社会・国際関係・歴史などの秀でた論考を顕彰する第7回大佛次郎論壇賞の合同贈呈式が29日、東京・日比谷の帝国ホテルであった。

  朝日賞を受けた8人(5組)に正賞のブロンズ像と1組につき副賞500万円、大佛次郎賞と大佛次郎論壇賞の3人には賞牌(しょうはい)と副賞200万円がそれぞれ贈られた。

  朝日賞の児童文学者で100歳の石井桃子さんは「やはり私の声でお礼を申し上げなければならない」と喜んだ。友人の松岡享子・東京子ども図書館理事長が後を引き取って、「子どもの本の世界が石井桃子を選び取ったとの思いを深くしている。あらゆるお仕事を通し、求めるべき質の高さを常に示してくださった」と添えた。

  同じく朝日賞の自然科学分野の受賞者の1人、万能細胞作製の新手法を開発した京都大教授の山中伸弥さんは、手術が下手だった整形外科医時代のエピソードを披露。「縁あって万能細胞の研究にかかわることになり、皮膚の細胞から万能細胞を作り出すことができた。一日も早く研究を完成させ、患者さんの役に立つよう、若い仲間とがんばっていきたい」と時折、涙で声を詰まらせながら、あいさつした。



(2008年1月30日付朝日新聞朝刊より)

▲このページのトップへ戻る



2007年度 朝日賞

 ◇児童文学者・石井桃子さん
   「クマのプーさん」などの翻訳をはじめとする日本の児童文学への持続的な貢献
 ◇人形浄瑠璃文楽大夫・竹本住大夫さん
   人形浄瑠璃文楽への多大な貢献と、現役最高峰の大夫としての芸の確立
 ◇東北大学教授・宮崎照宣さん、産業技術総合研究所研究グループ長・湯浅新治さん
   トンネル磁気抵抗効果(TMR)の発展と応用に関する研究
 ◇東京女子医科大学名誉教授・福山幸夫さん、大阪大学教授・戸田達史さん、
  東京都老人総合研究所研究部長・遠藤玉夫さん
   福山型筋ジストロフィーの発見とその類縁疾患における病態の解明
 ◇京都大学教授・山中伸弥さん
   万能細胞作製に関する新手法の開発と実証



▼選考委員(2007年度、敬称略)

 秋山耿太郎(朝日新聞文化財団理事長 朝日新聞社長)=委員長
 磯崎新(建築家)
 大江健三郎(作家)
 大岡信(詩人)
 佐藤文隆(京都大学名誉教授)
 多田富雄(東京大学名誉教授)
 野依良治(理化学研究所理事長)
 船橋洋一(朝日新聞社主筆)
 若宮啓文(朝日新聞社論説主幹)

主催 朝日新聞文化財団

English Page

「朝日賞」TOPページへ



★ お問い合わせ ★

朝日新聞社CSR推進部「朝日賞」事務局
〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
[TEL] 03-5540-7453
[FAX] 03-3541-8999

公益財団法人 朝日新聞文化財団
〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-1-1
明治生命館6階
[TEL] 03-6269-9441
[FAX] 03-6269-9442

過去の受賞者リスト
▼テキストをクリックすると詳細ページへ飛びます。

2016年度 ★受賞者 ★贈呈式

2015年度 ★受賞者 ★贈呈式

2014年度 ★受賞者 ★贈呈式

2013年度 ★受賞者 ★贈呈式

2012年度 ★受賞者 ★贈呈式

2011年度 ★受賞者 ★贈呈式

2010年度 ★受賞者 ★贈呈式

2009年度 ★受賞者 ★贈呈式

2008年度 ★受賞者 ★贈呈式

2007年度 ★受賞者 ★贈呈式

2006年度 ★受賞者

2005年度 ★受賞者

2004年度 ★受賞者

2003年度 ★受賞者

2002年度 ★受賞者

2001年度 ★受賞者

2000年度 ★受賞者

1999年度~1990年度 ★受賞者

1989年度~1980年度 ★受賞者

1979年度~1970年度 ★受賞者

1969年度~1960年度 ★受賞者

1959年度~1950年度 ★受賞者

1949年度~1940年度 ★受賞者

1939年度~1929年度 ★受賞者

朝日賞特別賞 ★受賞者