ここから本文エリア

現在位置:asahi.com朝日新聞から朝日舞台芸術賞

朝日舞台芸術賞

1

舞台作品を総合的に展望し、優れた成果・業績を顕彰するため、2001年に創設されました。演劇、ミュージカル、ダンス、パフォーマンスなどを視野に入れ、多彩な才能が結集する舞台芸術の、新たな可能性の発掘をめざすものです。毎年1月から12月までの1年間に、日本国内で上演された舞台芸術が対象となります。各地の公演に幅広く目を配るため、全国の舞台関係者からの推薦を参考にしながら、7月(中間選考会)と12月(最終選考会)の2回の選考委員会で受賞を決定します。賞の内容は以下の通りです。

■グランプリ

Grand Prix

年間のベストステージに対して
■舞台芸術賞

Performing Arts Award

最も活躍がめざましかった個人・団体に対して
■寺山修司賞

Shuji Terayama Award

将来が嘱望される新鋭で清新さあふれる個人・団体に対して
■秋元松代賞

Matsuyo Akimoto Award

演劇を対象に芸術性と娯楽性を兼ね備えた作品・個人・団体に対して
■特別賞

Asahi Special Award

長年にわたる功績や特筆すべき成果をあげた個人・団体に対して
■キリンダンスサポート

KIRIN Special Grant for the Dance

受賞対象となったダンス作品の中から、原則1年以内の受賞作の再演をキリンビール株式会社が支援

*「グランプリ」の賞金は200万円。それ以外の各賞は100万円。

写真
グランプリ/舞台芸術賞/特別賞

「舞台芸術は、人間が集まって生きていくための力として始まった。それは人々が心を通わせあい、共同体の意志を確かめ合う、かけがえのない時間だった。 その精神は大地に屹立する一本の柱に象徴されるだろう。 人々はその存在を道標として集まり、その存在を心の拠り所として生きていく。 過去から現在、そして未来へと、舞台芸術の心が変らず受け継がれていくことを期待している」

安藤忠雄(建築家)


写真 寺山修司賞

「この中に寺山君がいる。階段を上って彼の懐に入ってもいい。彼もときどきは穴から出て階段を下りてくるかもしれない」

粟津 潔(グラフィックデザイナー)


写真 秋元松代賞

「『活きる』ことを大切にし、舞台に物事を生き返らせてほしい。見た人はそのエネルギーを持ち帰り、生活に息づかせるのだから」

辻村寿三郎(人形作家)


第6回(2006年)選考委員(敬称略・50音順)
天野道映 (演劇評論家)
大笹吉雄 (演劇評論家、大阪芸術大学教授)
小田島雄志 (演劇評論家、東京大学名誉教授)
佐々木涼子 (舞踊評論家、東京女子大学教授)
森西真弓 (「上方芸能」誌編集長、立命館大学教授)
山田洋次 (映画監督)
山野博大 (舞踊評論家)
三浦昭彦 (朝日新聞社編集担当)
鈴木 繁 (朝日新聞東京本社編集局文化エディター)


受賞の記録
第6回 (2006年)          詳細へ>>
第5回 (2005年)          詳細へ>>
第4回 (2004年)          詳細へ>>
第3回 (2003年)         詳細へ>>
第2回 (2002年)         詳細へ>>
第1回 (2001年)          詳細へ>>

主催:朝日新聞社 後援:テレビ朝日
1

このページのトップに戻る