手塚治虫文化賞

手塚治虫文化賞

日本のマンガ文化の発展、向上に大きな役割を果たした手塚治虫氏の業績を記念し、手塚氏の志を継いでマンガ文化の健全な発展に寄与することを目的に、朝日新聞社が1997年に創設しました。


「マンガ大賞」 年間を通じて最も優れた作品に贈られる
「新生賞」 斬新な表現、画期的なテーマなど清新な才能の作者に贈られる
「短編賞」 短編、4コマ、1コマなどを対象に作品・作者に贈られる
「特別賞」 マンガ文化の発展に寄与した個人・団体に贈られる
正賞 アトム像と賞状
副賞 大賞200万円、新生賞、短編賞、特別賞は各100万円

オリジナルピンバッジ

 フィギュア制作で知られる造形作家で、イラストレーターでもある横山宏さんの作品です。

 日本SF大賞の賞牌も手がけている横山さんが、鉄腕アトムをイメージして創作したブロンズ像で、SFマインドあふれるデザインとなっています。


 

選考委員

■第19回 手塚治虫氏文化賞 選考委員=敬称略、50音順

あさのあつこ 作家
里中 満智子 マンガ家
中条  省平 学習院大学フランス語圏文化学科教授
中野  晴行 まんが編集者
ブルボン小林 コラムニスト
南   信長 マンガ解説者
みなもと太郎 漫画家・マンガ研究家
ヤマダトモコ マンガ研究者・明治大学米沢嘉博記念図書館
朝日新聞社 取締役編集担当
朝日新聞 東京本社報道局文化くらし報道部長