【記事や写真の転載・利用ご希望の方へ】

朝日新聞記事・写真など、朝日新聞社の著作物を転載、利用するには、原則として(※)当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。
また、当社子会社である朝日新聞出版が編集・発行する出版物の記事・写真等に関する許諾業務も当社が代行します。
お申し込み方法などは、下記ボタンをご参照下さい。

(※)著作権者の許諾を得ずに利用できるのは、著作権法に規定がある、私的使用のための複製や学校の授業での利用など特定の場合に限られます。代表的な例については「著作権について」をご覧下さい。

(1)記事などの利用について
(2) 写真・図版の貸し出し・利用について
(3) 企業・官公庁などでのクリッピングについて

 


【朝日新聞関連商品・サービスのご案内】

個人向けフォトサービス
個人向けフォトサービス
[→ ホームページはこちら]

朝日新聞のマイクロフィルム
朝日新聞のマイクロフィルム
[→ ホームページはこちら]

音楽コンクール写真 特別価格での頒布について
音楽コンクール写真
特別価格での頒布について

[→ ホームページはこちら]

 


朝日新聞社の記念日新聞
朝日新聞社の記念日新聞
[→ ホームページはこちら]

 


▲TOPへ戻る


 

(1)記事などの利用について

 朝日新聞記事など、朝日新聞社の著作物、または朝日新聞出版が編集・発行する出版物(「週刊朝日」「アエラ」「大学ランキング」など)について転載、放送等の利用をご希望の場合、下記内容を審査のうえ、専用サイトからオンラインで お申し込み下さい。朝日新聞社から諾否と、利用可能な場合は使用料の額その他の利用条件をご連絡します。

  基本的な利用条件は下記の通りです。ただし、記事等の種類、利用の目的・方法など、お申し込み内容に応じて異なる場合がありますので、ご利用の際は、当社がお客様に個別に提示する利用条件をお守り下さい。

 なお、ご利用希望の記事等に朝日新聞社または朝日新聞出版に著作権が帰属しないもの(例:外部からの寄稿、投稿、座談会の採録記事など)が含まれる場合、別途、寄稿者等の許諾が必要となります。
 ☆ 8月1日より、放送番組用として申し込まれた場合、実際に使われなかった記事については「審査料」として1件につき1,000円を請求させていただきます。

 企業、団体、官公庁などで継続的・反復的に新聞記事を切り抜き、コピー(複写)して事業所内で配る「クリッピング」は、所定の契約手続きが必要です。詳細はクリッピングのページをご参照下さい。


お申し込みはこちら
【朝日新聞 記事利用申請】


お問い合わせ先
朝日新聞社 デジタル本部 コンテンツ事業部
[住所] 〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2
[Tel] 03-5541-8939(受付は平日10:00~17:30) [Fax] 03-5541-8140  [メール] kiji@asahi.com


ご利用条件
(1) 出所(媒体名と掲載日付など)を明示して下さい。
(2) 文章、図版、イラストなど内容の改変はできません。
(3) 掲載した出版物等を、発行時に朝日新聞社へ1部お送り下さい。
(4) ご利用は1用途1回限りです。重版、再放送、または他の用途で再利用する場合は、改めてお申し込み下さい。
(5) ご利用により、著作権やプライバシーはじめ、第三者の権利を侵害しないよう十分にご注意下さい。ご利用に際して第三者の承諾を要する場合、お客様が責任を持ってその権利者の承諾を得て下さい。万一、ご利用によってお客様と第三者との間に紛争が生じても朝日新聞社は一切の責任を負いません。
(6)ウェブサイトでのご利用の場合、承諾期間は最長1年間です。延長をご希望の場合は、事前にご相談下さい。
※ご利用方法に応じて、上記条件に変更、追加が生じることがあります。


▲TOPへ戻る


 

(2) 写真・図版の貸し出し・利用について

 朝日新聞社は法人のお客様向けにオンラインで写真などを検索できるデータベース「朝日新聞フォトアーカイブ」を運営しています。本社または朝日新聞出版が著作権を持つ写真・図版を、出版、放送、展示等で利用することを希望される方は、このサイト上で検索のうえ、お申し込み下さい。データベースのご利用にはユーザー登録が必要ですので、トップページからお申し込み下さい。パスワード取得後、ログインしていただけば、キーワードを入力してお探しの写真を 自由に検索、お申し込みできるようになります。料金、利用規程などの詳細は、サイトをご覧下さい。

 個人的な鑑賞・保存用の写真をご購入を希望されるお客様は、個人向けフォトサービスのページをご覧下さい。


お問い合わせ先
朝日新聞社 デジタル事業本部 朝日新聞フォトアーカイブ
[住所] 〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2 (東京)
[Tel] 03-5541-8138   [Fax] 03-5541-8139


▲TOPへ戻る


 

(3) 企業・官公庁などでのクリッピングについて

記事コピーの配布(クリッピング)

 日々の新聞紙面から必要な記事を切り抜き、コピー(複写)して関連部署などに配る、いわゆる「クリッピング」を実施される場合は、朝日新聞社の許諾を得ていただくことが必要です。

 下記から申込書をダウンロードして、申込書記載の契約条件をご確認いただき、必要事項をご記入のうえ、FAXでお申し込み下さい。コピー配布する記事の数に応じて所定の料金がかかります。料金表に記載のない大規模な利用をご検討の際は、個別にご相談下さい。

 また、クリッピングした記事を電子化して、お客様のイントラネットに掲載することも可能です。料金、利用条件につきましては、下記までお問い合わせ下さい。

 【クリッピングとは?】  組織的に行われる継続的・反復的な新聞記事の複写で、情報共有化等のために当該記事を組織の内部で配布することを指します。具体的には、会社などで「日常業務」として継続的に新聞記事をチェックし、関連がある記事を複写して社内配布することを意味します。


記事のコピー
 また、クリッピングした記事を電子化して、お客様のイントラネットに掲載することも可能です。
料金、利用条件につきましては、下記までお問い合わせ下さい。

 なお当社は、日本新聞協会加盟の新聞社の多くが加わる新聞著作権協議会を通じて、日本複製権センターに記事の複写のうち、組織内部における単発的な少部数(1回20部以内)の複写に関する権利行使を委託しています。このため、日本複製権センターと契約された企業・団体等のお客様は、その範囲のご利用については、当社へのお申し込み手続きは不要です。ただし、大部数のコピーや、部数の多寡にかかわらず上記のクリッピングについては、委託の範囲に含まれておらず、当社の許諾が必要となりますので、ご注意下さい。


関連リンク


料金表・申込書のダウンロード

お問い合わせ先
朝日新聞社 デジタル本部 コンテンツ事業部
[住所] 〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2
[Tel] 03-5540-7828  [Fax] 03-5541-8140   [メール] coright@asahi.com


▲TOPへ戻る