「緑のバトン運動」とは?

緑のバトン運動

 東日本大震災から4年。被災地では防潮堤、道路の建設など、少しずつ復旧、復興が進みつつあります。しかし、まだ仮設住宅にお住まいの方も数多く、津波で失われた緑の再生についても、手つかずの地域もかなり存在します。その一方で、被災地以外では、震災の記憶が徐々に薄れつつあります。
 朝日新聞社と公益財団法人森林文化協会、公益社団法人国土緑化推進機構は、被災地を忘れず、防災教育に役立ててもらう「緑のバトン運動」を13年度から展開しています。


朝日新聞CSR推進部 緑のバトン Facebookページへ


→「緑のバトン運動」トップへ

これまでの活動

2014年



2013年