「A・RING(エー・リング)」は、2016年4月、朝日新聞東京本社に誕生した読者との双方向交流スペース。
文房具などのオリジナル記念品や人気の催事チケットを扱うショップコーナー、かつての貴重な取材資料を展示するお宝コーナー、天井からロールスクリーンが下りてくる取材・撮影コーナーなどがあります。

これまでの更新情報はこちら

 

A・RINGのお客様(2017年8月31日)

飛騨地域観光PRキャラバン隊のみなさま


 みなさん、今年の夏休みはどこかへお出かけになりましたか?
 私は、この夏、北陸新幹線で東京から金沢へ行き、金沢からバスで白川郷~高山~平湯温泉(岐阜県)~松本(長野県)へと乗り継ぐ旅をしてきました。お天気にも恵まれ、白川郷の合掌集落をはじめ、飛騨牛やどぶろく、温泉を満喫してきました。
 今回は、ちょうど旅行で訪れたばかりの岐阜県から「岐阜県飛騨地域観光PRキャラバン隊」のみなさんがお越しくださいました。

左から下呂市観光課の熊﨑さん、白川村観光振興課の尾﨑さん、岐阜県観光企画課の松井さん
左から下呂市観光課の熊﨑さん、白川村観光振興課の尾﨑さん、
岐阜県観光企画課の松井さん

 

 岐阜県北部の飛騨地域は、飛騨市、高山市、下呂市、白川村の3市1村からなります。
2016年12月、ユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」に登録された高山祭は高山市、古川祭は飛騨市の伝統行事です。世界文化遺産の白川郷合掌造り集落(白川村)を加えると、飛騨地域だけで3つの世界遺産をめぐることができます。

のどかな里山の風景(白川郷)
のどかな里山の風景(白川郷)

 

展望台からみた合掌造り集落(白川郷)
展望台からみた合掌造り集落(白川郷)

 

 古い町並み歩きが好きな人には、間口の狭い町屋が並ぶ高山の 「さんまちエリア」白壁の土蔵が美しい古川(飛騨市) がおすすめです。温泉が好きな人には、下呂温泉 (→参考リンク:下呂市公式観光サイト)奥飛騨温泉郷 と魅力がいっぱいの飛騨地域。

 食べ物もおいしいことをご存知でしょうか?


☆ その1 ☆「タカネコーン」


 「タカネコーン」は、高山市(旧高根町)の標高1,300メートルの高地で栽培されています。一株に一本だけ、手間暇かけて栽培された幻のトウモロコシ。(参考:一般的なとうもろこしは一株から二本実をつけて育てるそうです)糖度は17度とメロン並みの甘さです。こんなに甘いトウモロコシ、ちょっと想像がつかないですね。


☆ その2 ☆「飛騨高山ラーメン」


 飛騨高山ラーメンは、しょうゆベースのスープとちぢれ麺が特徴。
地元で昔から愛されているラーメンで、映画「君の名は。」にも登場しました。


☆ その3 ☆「飛騨牛」


 もちろん有名な飛騨牛もあります。

飛騨牛のA4ランク・サーロインステーキ(300グラム)。高山で食べましたが、おいしかったです!
飛騨牛のA4ランク・サーロインステーキ(300グラム)。
高山で食べましたが、本当においしかったです!

 

 歩いてよし、浸かってよし、食べてよしの飛騨地域。PRキャラバン隊のみなさんのおすすめは?


【白川村 尾﨑さん】


 今年は、「白山開山1300年」の記念の年。白川村ではヘリクルージングなどの記念イベントを行っています。10月14日~19日には「どぶろく祭」が行われ、神社に奉納された「どぶろく」が振る舞われます。 【→関連リンク:白山開山1300年記念事業(公式ホームページ)


【下呂市 熊﨑さん】


 おすすめは、「下呂温泉みすと」。アルカリ性でお肌に優しくなじみ、絹のようにすべすべする下呂温泉の源泉100%使用した無添加化粧水 です。また、冬場は毎週花火が上がり、夜空を明るく彩ります。北部の小坂町は、落差5メートル以上の滝が216カ所もある日本一滝が多い町で、滝めぐりのツアーも楽しい ですよ。


 PRキャラバン隊3人からの共通のメッセージは、
「飛騨に観光に来てください。1泊と言わず2泊してください!」でした。

 それでは、最後に恒例のA・RINGポーズをお願いします。

A・RINGポーズ!


 飛騨地域観光PRキャラバン隊のみなさま、本日はありがとうございました。
またのお越しをお待ちしています。


【関連リンク】「おかえり、私 飛騨」(飛騨地域観光協議会)


[2017年9月1日付「朝日新聞」朝刊23面 (東京地方版)に関連記事を掲載]

 


ナガシマ
ナガシマ
白川郷では、あちこちに「どぶろく」や濁り酒を飲ませてくれるお店がありました。白川八幡神社境内にある「どぶろく祭の館」では、お祭りで振る舞われるどぶろくをいただくことができます。濁り酒が好きな方には、白川郷飲み歩きツアーもおすすめです!



▲このページのTOPへ