朝日新聞社 見学ブログ朝日新聞社 見学ブログ
朝日新聞東京本社 見学ご案内係がつづるブログ

「コラボ見学記念新聞」はじめました! 大阪本社大阪工場

 大阪本社と大阪工場では、「コラボ見学」として、大阪本社で取材や編集など記者の活動の説明を聞いて、新聞製作の工程を見学した後、さらに大阪工場へ移動(車で約15分)し、実際の夕刊印刷のスタートから工場を見学するルートがあります。

 移動・昼食などを含め約4時間の長丁場で、新聞製作工程のすべてを意欲的に見学して下さるお客さまに何とか特別なお土産を差し上げたい!ということで、大阪本社、大阪工場のスタッフがアイデアを出し合って、このほど「コラボ見学記念新聞(号外)」が誕生し、10月より運用がスタートしました。

 大阪本社ではこの日を迎えるにあたり、コラボ見学記念新聞レイアウトなどの設定を担当しました。
 「あぁ、自己紹介が遅れました」
 10月から大阪本社見学GキャップをしていますBuBu(ぶぶ)です。
どうぞよろしくお願いします。

 さて、コラボ新聞スタートにあたり、小学生の皆さんの反応はどうかなぁ? 期待と不安感の中、記念すべき第1号は10月3日(水)に見学に来社した、兵庫県尼崎市の武庫の里小学校5年生のみなさんです。

 アサコムホール内でまずは新聞のお勉強、6月からスタートした新聞についての説明、「ぱらぱら新聞」。これは新聞そのものを広げてどこにどんな記事が載っているのかを探したりするもの。子どもたちは慣れない手つきながらも、ぱらぱらめくる新聞に興味津々。質問ドラえもんでの答え探しに、我先にと真剣な表情でページをめくります。ウォーミングアップは完了、いよいよ編集局の見学へGO。

ぱらぱら新聞

 

 

 編集局では、BIGPAD(ビッグパット)と呼ばれる大きなモニターを使った「新聞ができるまで」、「各部紹介とクイズ」などを行い、その後に編集局内を案内します。そしていよいよ最大の見せ場、「大組み」での記念新聞作成の実演です。見学係の説明に沿って、今日はコラボ記念新聞を組んでいきます。

 いつもと違う操作にデモ担当者も少し緊張気味。最後に記事を流して完了です。実際に紙に印刷(大刷り)、子どもたちに第1号コラボ見学記念新聞のお披露目です。見学係の掛け声で大刷り新聞をパラリと見せるも反応は「・・・?」、「何個か箱の中空っぽや」との声

BIGPAD(ビッグパット)と呼ばれる大きなモニターを使った「新聞ができるまで」

BIGPADと呼ばれる大きなモニターを使った「新聞ができるまで」

 

 そこですかさず見学係が説明を加えます。
 「この新聞、何カ所か記事が空欄になっていますね。皆さんがこの後に行く大阪工場で、大きな輪転機のスピード、音、においなど色んなことを見学し、体験するとコラボ見学新聞は完成します。大阪工場でもしっかり見て、聞いて、体で感じて楽しんできてくださいね!」
 それでは、大阪工場さん、続きをよろしくお願いします。

 では、引き続きここからは大阪工場見学係の≪のぞみ≫が、工場見学の様子をお伝えします。

 コラボ見学は移動、昼食をはさんで工場で新聞が印刷される様子を見学されますので「まる一日、朝日新聞ざんまい!」となります。

 武庫の里小学校5年生の皆さんが、本社見学を終えて大阪工場へと到着されました。 お弁当を食べたばかりなので?、皆さん元気いっぱいの様子です。
今日は、初めてのコラボ記念新聞発行ということで、見学係もドキドキ…。

 「みんな喜んでくれるといいなぁ…☆」
  と、期待をしながらさっそく工場内をご案内します。

 見学中に大阪本社で編集された新聞のデータは、大阪工場へと送られてきます。
 実際にお家へと配達される新聞が、輪転機で大きな音とともに印刷されていく様子を間近で見れば、新聞がとても身近なものだと感じていただけたのではないでしょうか!?皆さん、声を出して喜んで下さったり、あまりの迫力に驚いて目が飛び出そうになっていたり…。
すてきな反応をしてもらえると、私たち見学係もついつい楽しくなってしまいます。

 じっくり工場内を見学した後は、いよいよお土産の紹介です。「コラボ見学記念新聞」がついに皆さんにお披露目されました!

「コラボ見学記念新聞」がついに皆さんにお披露目」

「コラボ見学記念新聞」がついに皆さんにお披露目

 

 大阪本社で見た大刷りでは空欄となっていた部分(=工場の見学に関連した記事)にちゃんと写真や文章が入り、完成した記念新聞が配られると同時に「わぁっ!」という歓声があがりました!
 出来上がった記念新聞を真剣に読んでくれている姿がとても印象的です。

 また、このコラボ記念新聞には大阪本社、大阪工場の両方を見学し、編集~発送までをしっかり学んだ証しとして「朝日新聞コラボ見学認定証」が印刷されています。



 

 見学の記念になること間違いなし!ですので、ぜひコラボで見学にお越しください!
お待ちしています。

 

かずえ かずえ
 朝晩はやっと秋らしくなってきましたね。ガーデニングもしやすくなりました。1日の寒暖差があると、バラは色が濃くなり、美しく咲く期間も長くなります。
 これから初冬にかけ、早起きが続きそうです。



東京本社見学のご案内

東京本社写真

世界中のニュースが集まる新聞社の心臓部、編集局。超高速の輪転機がフル回転する印刷工場。実際に朝日新聞東京本社に入って新聞づくりの現場を間近にご覧いただくミニツアーです。係員がわかりやすくご案内します。小学校4年生以上、2名以上から参加できます。必ず事前の予約が必要です。【→東京本社の見学コースについて】


【→朝日新聞本社・印刷工場の見学について】


朝日新聞デジタル



→ブログトップへ

記事一覧

2018年