どくしょ応援団

本を読もう。何を読もう? 迷ったら「どくしょ応援団」へ。親子で、ひとりで、夢中になれる本との出会いがここに!

ブックサーフィン

書店発 新刊三者三様

◆リーブルなにわ(札幌) 山本由紀子

 夏休みに読んでほしい3冊です。有沢佳映『アナザー修学旅行』(講談社・1365円)。修学旅行に行けなかった中学生3人が主人公。彼らを待ち受けていたのは?

 弱小吹奏楽部が、謎の美人教師のもとで大変身。全国コンクール目指してアツい調べを奏でるのは、山口なお美『グラツィオーソ』(アルファポリス・1470円)。吃音(きつおん)の非常勤講師と、心に傷を持つ生徒たちの交流を描く重松清『青い鳥』(新潮文庫・620円)。感動します!

『アナザー修学旅行』
著者:
有沢佳映
出版社:
講談社
価格:
¥1,300(税込)
この商品を購入するヘルプ
Amazon.co.jp

『グラツィオーソ』
著者:
山口なお美
出版社:
アルファポリス
価格:
¥1,470(税込)
この商品を購入するヘルプ
Amazon.co.jp

『青い鳥』
著者:
重松清
出版社:
新潮文庫
価格:
¥620(税込)
この商品を購入するヘルプ
Amazon.co.jp

◆ブックセンター冨貴堂MEGA店(旭川) 高田学

 有栖川有栖『闇の喇叭(らっぱ)』(理論社・1575円)の舞台は「もう一つの日本」。探偵行為が禁じられたなかで謎の殺人事件が。テーマは「国家」です。犬好きYAにお薦めは、S・クイン『ぼくの名はチェット』(東京創元社・1785円)。探偵と相棒の雑種犬の活躍を、犬目線で語ります。

 『空が青いから白をえらんだのです』(受刑者詩、寮美千子編、長崎出版・1575円)。少年刑務所の受刑者たちが、更生教育の授業で作った詩を編集しています。

『闇の喇叭』
著者:
有栖川有栖
出版社:
理論社
価格:
¥1,575(税込)
この商品を購入するヘルプ
Amazon.co.jp

『ぼくの名はチェット』
著者:
スペンサー・クイン
出版社:
東京創元社
価格:
¥1,765(税込)
この商品を購入するヘルプ
Amazon.co.jp

『空が青いから白をえらんだのです 奈良少年刑務所詩集』
編:
寮美千子
出版社:
長崎出版
価格:
¥1,575(税込)
この商品を購入するヘルプ
Amazon.co.jp

◆くすみ書房大谷地店(札幌) 伊藤恵理子

 中2の主人公を突然襲った危機。そして新しい出会いが、発見が。佐川光晴『おれのおばさん』(集英社・1260円)。一気に読めます。

 『絵でよむ漢文』(加藤徹著、朝日出版社・1365円)。絵あり、分かりやすい解説あり。漢詩、漢文が、魅力たっぷりに迫ってきます。『アイデアはどこからやってくる?』(岩井俊雄著、河出書房新社・1260円)。誰もが知りたい秘密を、メディアアートから絵本まで手がける著者が、教えてくれます。

『おれのおばさん』
著者:
佐川光晴
出版社:
集英社
価格:
¥1,260(税込)
この商品を購入するヘルプ
Amazon.co.jp

『絵で読む漢文』
著者:
加藤徹
出版社:
朝日出版社
価格:
¥1,300(税込)
この商品を購入するヘルプ
Amazon.co.jp

『アイデアはどこからやってくる? 14歳の世渡り術』
著者:
岩井俊雄
出版社:
河出書房新社
価格:
¥1,260(税込)
この商品を購入するヘルプ
Amazon.co.jp