どくしょ応援団

本を読もう。何を読もう? 迷ったら「どくしょ応援団」へ。親子で、ひとりで、夢中になれる本との出会いがここに!

ブックサーフィン

トライライトノベルス細谷正充

流麗な世界にしばし酔う

(1)一の倉裕一『ブルースカイ・シンドローム』
第4回トクマ・ノベルズEdge新人賞受賞作は、本格的なSFだ。大災厄を乗り越え、惑星改造した地球に、コロニーから帰還しようとする人類と、その裏に隠された真実が描かれる。さまざまなSFのアイデアが盛り込まれており、そこが大きな読みどころといえるだろう。もうちょっと主人公を能動的に活躍させてほしいなど、注文をつけたいところもあるが、楽しめる作品だ。(トクマ・ノベルズEdge・860円)
『ブルースカイ・シンドローム』
ブルースカイ・シンドローム
著者:
一の倉裕一
出版社:
トクマ・ノベルズEdge
価格:
¥860(税込)
この商品を購入するヘルプ
Amazon.co.jp

(2)林譲治『ルナ・シューター1』
SFをもうひとつ。こちらは月面を舞台に、地球外文明のヒューマノイド“ラミア”と人類の戦いが、迫真のタッチで綴(つづ)られている。重力が地球の6分の1しかない、月面での火器の使い方など、リアルなミリタリー描写が魅力的だ。また、次巻が待ち遠しくなる、衝撃的なラストも心憎い。(幻狼ファンタジアノベルス・945円)
『ルナ・シューター1』
ルナ・シューター1
著者:
林譲治
出版社:
幻狼ファンタジアノベルス
価格:
¥945(税込)
この商品を購入するヘルプ
Amazon.co.jp

(3)P・A・マキリップ『チェンジリング・シー』
ファンタジーの名手であり、日本でもファンの多い、P・A・マキリップの長編が、ライトノベル・レーベルで出版された。美しい言葉と、幻想的な光景で紡がれるのは、海に心を捕らわれた人々の、苦悩と解放の物語だ。派手な展開はないのに、ひとつひとつの場面が、忘れがたい印象を残す。流麗な世界に、しばし酔いたいのである。(柘植めぐみ訳、小学館ルルル文庫・620円)
『チェンジリング・シー』
チェンジリング・シー
著者:
P・A・マキリップ
訳:
柘植めぐみ
出版社:
小学館ルルル文庫
価格:
¥620(税込)
この商品を購入するヘルプ
Amazon.co.jp

細谷正充 ほそや・まさみつ 文芸評論家。1963年埼玉県生まれ。時代小説やミステリー、ライトノベルスなどを中心に評論活動を展開。著書・編著書に『江戸の鈍感力』『宮本武蔵の「五輪書」が面白いほどわかる本』『松本清張を読む』『武士の本懐』など。