現在位置:
朝日新聞社インフォメーション >
沿革

沿革

創始者の村山龍平(右)と上野理一

 朝日新聞は1879年(明治12年)1月25日、大阪で創刊第1号を出しました。創始者は村山龍平と、のちに加わる上野理一でした。紙面は小型4ページ、総ふりがな・絵入りで定価1銭、1日平均部数は約1,000部。わかりやすく、親しみやすい大衆向け新聞を、というのが創業時のモットーでした。

 さらに3年後には、編集方針として「報道中心主義」と「公平無私」をかかげました。これは官権派や民権派の政論新聞が主流だった当時では異色のもので、その精神は「不偏不党」を柱とする現在の朝日新聞綱領となって受け継がれています。

 創刊4年後に早くも2万部を超えて全国首位に、88年(明治21年)には東京へ進出して東京朝日新聞を発刊。さらに、活字の自社鋳造や記者の欧米派遣、輪転機の導入など、いずれも日本の新聞界では初めての新機軸をつぎつぎ打ち出し、今日の新聞の原型を生み出しました。

─── 創業・東京進出を果たす 1879(明治12)年〜 ───
1879・1・25
創刊当時の江戸堀の社屋
朝日新聞第1号、大阪で創刊
総ふりがな・さし絵入り小型4ページ、定価1部1銭、1カ月18銭、従業員約20人、1〜4号は3000部印刷。創始者は村山龍平で、大阪・江戸堀南通に会社創立、約2年後に上野理一が経営参加
1879・9・13 最初の論説「新聞紙論説の事を論ず」を掲載
1883 1日平均発行部数は2万1461部で全国一に
1888・7・10 東京朝日新聞(東朝)創刊。社屋は京橋区元数寄屋町、号数は自由燈、燈新聞、めさまし新聞を引き継ぎ1076号でスタート
1889・2・11 憲法発布勅語、帝国憲法全文を電報で大阪に送り、赤刷り号外を発行し競争紙を圧倒
1890・9・27 東朝、マリノニ輪転機の設置を社告。毎時3万部印刷の威力を発揮
─── 速報の強化・近代化への歩み 1895(明治28)年〜 ───
1895・6・20 井上馨の帰国報道で東朝、新聞界で初めて伝書鳩を使用
1899・2・1 東京・大阪間に電話が開通。東朝から大阪朝日(大朝)に初めて電話送稿
1903・9・30
池辺三山
東朝の池辺三山が山県有朋に対露策を説く
池辺三山は1896年に主筆として大朝に入社、その後東朝主筆として多くの社説を書いた。二葉亭四迷、夏目漱石の入社に努力。「新聞は商品であり、記者はその商品を作る職人」「文章は平明で達意であるべき」という持論を社内に浸透させた。組織、紙面の近代化に尽くし、今日の朝日新聞の基礎を築いた
1904・1・5 大朝に「天声人語」欄生まれる
1904・3・4 二葉亭四迷が入社、「其面影」「平凡」を連載、特派員として「入露記」を送る
1904・9・30
朝日に最初に登場した写真。ざんごうの淵に3人の日本兵が立ち日章旗が見える
上野靺鞨特派員の戦地写真「遼陽写真報」を東朝に掲載。朝日紙面に登場した最初の写真
─── 紙面の刷新と充実へ 1907(明治40)年〜 ───
1907・4・1
夏目漱石
夏目漱石が入社
漱石は東京帝大と一高の講師を辞任して40歳で入社。「吾輩は猫である」「坊つちやん」を発表してまもないころで文壇の注目を集めていた。月給、賞与を合わせた年収は2800円で講師時代より約1000円も多かった。入社第1作「虞美人草」以降、「三四郎」「それから」など次々に連載。自ら提案した文芸欄の編集にあたった。「明暗」連載中の1916年12月9日に50歳で死去
1908・10・1 大朝と東朝が合併、朝日新聞合資会社。資本金60万円
1909・3・1
石川啄木
石川啄木が校正係として東朝入社。在社中に歌集「一握の砂」を出版。勤務のかたわら詠んだ「京橋の滝山町の新聞社 灯ともる頃のいそがしさかな」の歌碑は、今も旧社屋跡地に建つ
1911・6・1
杉村楚人冠
杉村楚人冠の提言で索引部を創設。その後、調査部と改称、同部創設は日本の新聞界で初めて
1911・11・17
竹中繁子
竹中繁子が東朝に入社。朝日最初の女性記者
─── 高校野球の発展に尽力 1912(大正元)年〜 ───
1912・7・30 大正改元を号外速報。緒方竹虎の特ダネ
1915・8・18 朝日主催の第1回全国中等学校優勝野球大会を開催
第1回全国中等学校優勝野球大会兵庫大会の決勝戦。審判ははかま姿
最初の会場は豊中グラウンド。全国10地方の予選に73校が参加、代表校は10校。京都二中が決勝で秋田中を2−1で破り優勝。その後、会場は鳴尾運動場から現在の甲子園球場に。戦争で、一時中断されたが、2008年で第90回記念大会となった
1916・3・29 東朝の社会面に「青鉛筆」が登場。命名は原田譲二
1918・8・25 「白虹事件」の発端となる記事を掲載。大朝夕刊記事にある「白虹日を貫けり」の字句が安寧秩序紊乱に当たるとして発売禁止。日本の言論弾圧史上、特筆すべき「白虹事件」に発展した。責任をとって社長村山龍平が辞任、編集幹部も退社
1921・5・1 東朝、日曜夕刊に岡本一平の漫画欄を新設。
岡本一平の漫画が掲載された紙面
軍縮を主張する社説は、この1年間で大朝123 編、東朝85編が掲載された
─── 関東大震災とその後の発展 1922(大正11)年〜 ───
1922・10・21 東西朝日に記事審査部の創設を社告。日本の新聞界で初めて
1923・9・1
関東大震災を報じた大阪朝日発行の号外
関東大震災で東朝の社屋が全焼
交通、通信も途絶したため、新聞発行が不可能に。連絡、報道のため大阪へ特派した4班9人のうち、社会部員1人が辛苦の踏破行を経て3日後に大朝に一番乗り。全社挙げて復興へ全力、震災から11日ぶりの9月12日、4ページの東朝を復刊。震災による被害総額は、資本金の3割強の103万余円
1924・1・1 大朝の元日部数が初めて100万部を超える
1927・3・20 東朝新社屋が有楽町に完工、移転
1929・1・1 大朝創刊50 周年を記念して「朝日賞」を創設。第1回朝日賞に坪内逍遥、前田青邨ら
1935・11・25 名古屋支社で朝夕刊の発行を開始、全国紙の態勢が整う
─── 2・26事件と太平洋戦争 1936(昭和11)年〜 ───
1936・2・26
反乱軍に倒された活字棚
2・26事件。反乱軍が東朝社屋を襲撃
青年将校が率いた部隊は政府要人を襲撃した後、一部が東朝社屋へ乱入、社屋2階文選工場の活字棚がひっくり返された。緒方竹虎主筆が部隊指揮者と面会。この日の夕刊発行を見合わせた
1937・4・6
亜欧連絡飛行で新記録を樹立、ロンドンに着いた「神風」号の2人を歓迎する群衆
「神風」号、亜欧連絡飛行で新記録を樹立
本社機(飯沼正明操縦士、塚越賢爾機関士)は立川を離陸後、台北、ビエンチャン、カラチ、バグダッド、アテネ、ローマ、パリを経て4日後にロンドンに着いた。所要時間94時間17分56秒の驚異的な世界新記録。日本の航空機生産技術が世界水準にあることを立証した
1940・9・1 「東京朝日新聞」「大阪朝日新聞」と呼称していた題号を「朝日新聞」に統一
1943・1・1 中野正剛の寄稿「戦時宰相論」掲載で発禁
1945・1・27 東京本社が空襲で被災、1人爆死
─── 占領政策のもとで民主化推進 1945(昭和20)年〜 ───
1945・11・5 戦争責任明確化のため、社長以下幹部が辞任
1945・11・7
紙面に掲載された「国民と共に立たん」
「国民と共に立たん」(起草・森恭三)、社説「新聞の新なる使命」を掲載
1946・11・21 「新かなづかい」を始める
1947・6・8
好評だった佐藤敬の「青い山脈」のさしえ
連載小説が復活し、石坂洋次郎の「青い山脈」始まる
1949・11・30 「夕刊朝日新聞」に長谷川町子の漫画「サザエさん」の連載始まる
1951・2・1
まんが「クリちゃん」第1回
人気漫画「クリちゃん」が夕刊朝日でスタート
1951・10・1 朝夕刊のセット発行が7 年ぶりに復活
1951・10・2
「ひととき」欄の第1回
「ひととき」欄を新設。当初は女性の知名人の随想を載せた
1952・9・1 4項目から成る朝日新聞綱領を制定
1953・3・10 「扇谷正造と週刊朝日編集部」が第1回菊池寛賞を受賞
1954・1・20 英字紙「ASAHI EVENING NEWS」を発刊
─── 先頭切って部数500万部 1957(昭和32)年〜 ───
1957・10・1 「親さがし運動」記事で第1回日本新聞協会賞
1960・6・17 安保問題をめぐる流血騒動で、共同宣言「暴力を排し議会主義を守れ」を在京7 社が朝刊に掲載
1964・4・8〜
ツタンカーメンの黄金のマスク
美の使節、初の海外公開
「ミロのビーナス展」を東京、京都で開催、入場者172万人の人気。翌年、古代エジプト秘宝「ツタンカーメン展」を東京など3 会場で開催、入場者は記録的な293万人
1965・1・1 元日の発行部数531万部。500万部突破は日本の新聞界で初の記録
1965・4・1
漫画「フジ三太郎」の第1回(1965年4月1日)
サトウサンペイの漫画「フジ三太郎」の連載(夕刊娯楽面)始まる
1967・1・3 ベトナム和平に関する年頭社説を世界5大紙と交換
─── ロッキ−ド事件の核心を突く 1976(昭和51)年〜 ───
1976・2・5
ロッキード事件、田中に懲役4年
ロッキ−ド事件の第1報を朝刊でスク−プ
8月には村上吉男記者がロッキード社前副会長コーチャンと単独会見、会見記を連載。83年10月、ロッキード裁判の田中実刑判決で夕刊1面と号外に社説「田中引退なしに刷新はない」を掲載。夕刊社説は20年ぶり
1979・11・18
第1回東京国際女子マラソンのスタート
第1回東京国際女子マラソン大会を開催
1980・4・23 東京本社新社屋(築地)の竣工式。コンピューターによる新聞製作(NELSON)が始まり、脱活字へ
1986・1・1 ロンドンで国際衛星版を発行。その後、ニュ−ヨ−クなど世界6カ所で発行
─── 重く長かった天皇報道 1987(昭和62)年〜 ───
1987・5・3 阪神支局が襲撃され、散弾銃で記者1人死亡、1人が重傷。名古屋本社寮襲撃、東京本社銃撃、静岡支局爆破未遂事件などが警察庁指定116号事件に
1987・9・19
天皇陛下、ご病気のスクープ
「天皇陛下、腸のご病気」をスクープ。以降、天皇陛下の病状を伝える詳報を掲載
1988・6・18 リクルート関連会社の株譲渡にからみ、川崎市助役の疑惑をスクープ。事件は政財官界に広がり、翌年、米国調査報道協会特別表彰を受けた
1988・7・10 東京本社創刊100周年
1989・1・7 「新元号 平成」「天皇陛下 崩御」の見出しと関連記事、1面に社説「『昭和』を送る」を掲載
─── 阪神大震災の報道に全力 1995(平成7)年〜 ───
1991・2・12 1段12字にして活字を拡大
1992・8・22 金丸信・自民党副総裁に東京佐川急便から5億円献金をスクープ。日本新聞協会賞を受賞
1994・9・22 『遺書』(松本人志著)発行、部数230万部のベストセラー
1995・1・17
戦後では最大かつ最悪となった阪神大震災
阪神大震災。震災地向けにタブロイド判情報紙面を週1回発行。この年、「戦後50年」紙面企画、「地球プロジェクト21」を始動
1995・8・10 インターネットで「アサヒ・コム」開設
1999・1・25 創刊120周年。「伊能ウオーク」ほか多彩な記念企画
1999・10・15 和歌山のカレー毒物混入事件報道で日本新聞協会賞を受賞
2000・4・2 「くらし」欄を新設するなど、紙面改革に不断の努力
─── 21世紀も飛躍を続け 2001(平成13)年〜 ───
2001・1・1 「報道と人権委員会」が発足
2001・4・1 1段11字にして活字を拡大
2001・4・2 「ヘラルド朝日」を創刊
2002・4・6 土曜日の週末新聞「be」を創刊
2004・1・25 創刊125周年
2004・10・1 「アスパラクラブ」スタート
2005・4・3
「be」の日曜版を創刊
2005・4・16
JR宝塚線脱線事故の一連の写真で05年度の新聞協会賞を受賞
新しい紙面編集システムがスタート
2006・10・1 ジャーナリスト学校発足
2007・4・2 連載「新聞と戦争」スタート
2007・6・26 30年ぶりに「主筆」復活
2008・4・1 紙面を大改革。文字を拡大し、12段13字に
2009・1・25 創刊130周年
2009・3・30 「検証 昭和報道」スタート
2009・6・11 テレビ朝日、KDDIと協業でau携帯電話に「EZニュースEX」配信開始
2010・10・15 大阪地検特捜部の主任検事による押収資料改ざん事件報道で日本新聞協会賞を受賞