朝日新聞社 会社案内
企業情報 営業の窓口 イベント・賞 研究・教育 アスパラクラブ
  asahi.com > 朝日新聞社から > 会社案内
  大阪・中之島プロジェクト

本社ビルなど建て替え、二つの超高層ビル
朝日新聞グループの新ビルを北西側から見たイメージ図
 朝日新聞社とグループ企業の朝日ビルディングは、フェスティバルホールや朝日新聞大阪本社の入る両社所有のビル3棟(大阪市北区中之島2〜3丁目)を、二つの超高層ビルに建て替える「大阪・中之島プロジェクト」をスタートさせました。

 中之島地区は大阪市の中心に位置し、オフィスビルのほか大阪市役所や大阪国際会議場などがあります。ここ数年、高層ビルの建設が相次ぎ、09年春までに京阪中之島線が開通するため、再開発の流れに歩調を合わせました。

 建て替えるのは、四つ橋筋を挟んで西側にある大阪朝日ビル(築75年)と朝日新聞ビル(築38年)、東側の新朝日ビル(築49年)です。

 フェスティバルホールの入る新朝日ビルは09年度中に解体し、新ビルは13年度に完成する予定です。このビルには、低層階に新フェスティバルホール、中層階に朝日新聞大阪本社が入居します。延べ床面積や高さについては大阪市など関係機関と協議し、市都市計画審議会を経て決める予定で、大阪市都心部で最大級のツインタワーになる見込みです。

 西側のビル2棟も、2010年代後半には超高層のオフィスビルにする方針です。現在、朝日新聞ビルに入る印刷工場は、新工場を建設し、印刷機能を移転させます。

 建て替えに伴い、フェスティバルホールは08年中に一時閉館し、いまと同じ2700席の規模で、最新鋭の音響・舞台設備を導入して、東側のビル内に新装オープンします。

 フェスティバルホールは1958年にオープンし、音響の良さは世界的にも評価が高く、「大阪国際フェスティバル」(朝日新聞文化財団、大阪国際フェスティバル協会、朝日新聞社主催)の会場でもあり、かつてここで指揮をしたカラヤンも絶賛しました。その音響については、再現に取り組みます。同フェスティバルは08年春に第50回の記念公演を開きますが、建て替え期間中の開催については未定です。

 ツインタワーとなる超高層ビルは、水辺の景観を生かした設計とし、最新の防災耐震技術も採り入れて、地域の防災拠点の役割も担います。京阪中之島線の渡辺橋駅と大阪市営地下鉄四つ橋線の肥後橋駅をつなぐ中之島地下街の整備も進め、新たな「にぎわい」をつくりだします。

当サイトの記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | お知らせ一覧 | 個人情報 | 著作権 | リンク | サイトマップ | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.