第14回 高校生科学技術チャレンジ2016 JSEC(Japan Science & Engineering Challenge)

 

JSEC 応募方法

l 応募資格 l 応募方法 l 応募上の注意 l 国際大会Intel ISEFへの派遣 l JSECガイドライン l 知的財産権・個人情報取り扱い等について l

募集要項

 高校生科学技術チャレンジ(以下JSEC=ジェイセック)は科学ジャンルの自由研究を幅広いカテゴリーから募集します。学術的な研究のみならず、独創的な視点によるフィールド調査や実験リポート、実験装置の試作、製品開発など、意欲的な研究作品を歓迎します。

 審査にあたっては、科学技術における研究成果を検証するだけでなく、研究を行った生徒自身の能力と可能性、熱意なども評価したいと考えています。独創性や創意工夫、その研究分野の理解度、分析力、達成度、コミュニケーション能力、情熱などがポイントとなります。


応募資格

1, 日本国内の高校生・高等専門学校生(3年生まで)
2, 個人もしくはチーム単位


★ チーム研究の最終審査会出場は3名までです。国際大会Intel ISEFのチーム要件も3名までです。
★ 応募時に、代表者を含む3名以下の研究者名を応募フォームにご記入いただきます。
★ 最終審査会に進出した場合には、応募フォームに記入された研究者が最終審査会・表彰式への出場者となります。
 (代表者およびメンバーの変更はできません。)
★ 入賞者の中からIntel ISEFに出場する代表者を選考するにあたっては、同大会のガイドライン(年齢が2017年5月1日時点で20歳未満など)による制約があります。


▲このページのTOPへ


応募研究内容

科学ジャンルの自由研究を幅広いカテゴリーから募集します。学術的な研究のみならず、独創的な視点によるフィールド調査や実験リポート、実験装置の試作、製品開発など、意欲的な研究作品を歓迎します。


【カテゴリー】 動物科学、植物科学、化学、生化学、細胞・分子生物学、微生物学、行動・社会科学、物理学・天文学、地球・環境科学、計算生物学・バイオインフォマティクス、組み込みシステム、システムソフトウェア、ロボット工学・知能機械、機械工学、材料科学、エネルギー:化学的、エネルギー:物理的、環境工学、生物医学・健康科学、生体医工学、トランスレーショナル医科学、数学


☆ Intel ISEFのカテゴリーに準じたものです。 詳しくは「ISEFのカテゴリー」をご参照ください。


▲このページのTOPへ


 

応募方法

下記ボタンをクリックし、応募フォームに必要項目を入力してエントリーしてください。
※応募はパソコンからお願いします。
※応募フォームは、エントリー期間中(9月1日~10月3日)に開設されます。

 第14回高校生科学技術チャレンジ(JSEC2016)の募集は終了いたしました。
 たくさんのご応募、ありがとうございました。
 引き続き、審査結果などは随時更新していきます。

※今回から、応募方法が変わります。ご注意ください。  【→応募のご案内はこちら (PDF)】


▲このページのTOPへ


応募に必要な情報


★ エントリー情報 (用意して直接応募フォームに入力)
タイトル、研究者名、学校情報、チームの場合は代表者を含めた研究者名(あわせて3名以下)など


★ アブストラクト (用意して直接応募フォームに入力)
研究の要約を600字以内にまとめてください。
※参考資料:アブストラクトの見本を過去の作品例からご覧になれます。【→サンプルはこちら (PDF)】


★ 研究レポート(用意して応募フォームにアップロード)
【→ 作成の手引き】に従って研究内容をA4用紙10枚以内(表紙を除く)にまとめてください。
エントリー期間内に、応募フォームよりアップロードして送信してください。

☆ 研究レポートデータ送信時の注意 ☆
・研究レポートをアップロードできるデータ容量は5MBまでです。
・写真や図表は軽いデータにして掲載してください。
・データ容量が大きくアップロードが困難な場合は、データファイルをCDまたはDVDに保存して
 事務局 (ページ下部に記載の住所)へ郵送してください。
・お送りいただいたCD、DVDは返却いたしませんのでご了承ください。


 

受付確認について


★ 応募を受け付けると、フォームに入力していただいたご担当教諭へ電子メールで自動的に受領連絡をいたします。
★ 受領メールが届かない場合は登録できておりませんので、メールアドレスなどを一度ご確認ください。
10月3日の応募締め切り後、1週間以内にエントリー番号をご担当教諭へ電子メールで連絡いたしますので、必ず確認してください。
★ 1週間をすぎてエントリー番号が届かない場合はJSEC事務局にお問い合わせください。


▲このページのTOPへ


 

応募上の注意


【1】JSECと「日本学生科学賞」はともにIntel ISEFの提携フェアであるため、同じ研究作品を両コンテストに応募することはできません。重複応募は失格になる可能性があります。他の全国規模のコンテストに応募する場合も各々のルールにご注意ください。


【2】研究の倫理規定や安全性等について、下記のガイドラインをご確認ください。


【3】提携するIntel ISEFの主催者であるSociety for Science & the Public(=SSP)に対して、JSEC応募者の氏名・学校名・学年・性別を通知する場合があります。これは提携コンテストとしての運営状況を報告するためのものです。また、SSPにメールアドレスを知らせる可能性があります。SSPの用途は国際大会の情報や科学ニュースの配信等です。あらかじめご了承ください。


▲このページのTOPへ


 

賞


★ グランドアワード
 文部科学大臣賞       (賞状、盾、研究奨励金30万円)
 科学技術政策担当大臣賞   (賞状、盾、研究奨励金30万円)
 科学技術振興機構賞     (賞状、盾、研究奨励金30万円)


★ 特別協賛社賞
 花王賞       (賞状、盾、研究奨励金30万円)


★ 協賛社賞
 JFEスチール賞  (賞状、盾、研究奨励金20万円)


★ 主催者賞
 朝日新聞社賞    (賞状、盾、研究奨励金20万円)


★ 特別奨励賞
 テレビ朝日特別奨励賞 (賞状、賞品)
 花王特別奨励賞*    (賞状、国内スタディーツアー)
 *グループ研究を対象。副賞として花王和歌山研究所等を訪問


★ 優等賞
 最終審査進出作品に対して(19作品予定) (賞状)


▲このページのTOPへ


 

国際大会Intel ISEFへの派遣

2017年5月に米国ロサンゼルスで開催されるIntel ISEFに出場するため、入賞者の中から8研究(予定)を派遣します。

2014年からJSECからの出場枠が拡大しました。世界への挑戦のチャンスです。

代表選考は、ISEFの国際ルール、研究カテゴリーのバランスを含め、審査委員と事務局の総合判断により候補者を決定します。

(出場組数は変更になる可能性があります。また、天災、疫病などにより、事務局の判断で海外派遣が中止になる場合があります)


【→ ISEFとは】


▲このページのTOPへ


 

JSECガイドライン

(1)当コンテストへの応募にあたっては、倫理規定および研究の安全性と環境への配慮について定めるガイドラインを遵守する必要があります。


 ◇ Intel ISEF出場を目指すためにはIntel ISEFの国際ルールにご注意ください。
 → "International Rules and Guidelines 2017"(英語)
 → インテル国際科学技術フェア(ルールブックの概訳)日本サイエンスサービスによる参考和訳
 → Intel ISEFのルールのページ "International rules for pre-college science research"(英語)
 ※不明な点はJSEC事務局へお問い合わせください。


(2)当コンテストでは、倫理・安全性・環境配慮の国際ルールに則って研究作品を審査する委員会 Scientific Review Committee (SRC) を設置します。SRCは、必要に応じて研究実施前の事前承認や生徒へのアドバイスを行います。


(3)研究やコンテストのいかなる段階においても、盗作や偽造、他者の研究作品を発表すること、データの捏造といった不正行為は禁止されています。不正な研究は失格となります。
  提出書類が本人以外によって作成されたと認められる場合も失格となる場合があります。


(4)「ヒトを対象とした研究」「脊椎動物を題材とした研究」「潜在的危険性のある生物および生物由来の物質(微生物、組み替えDNA、細胞組織等)を取り扱う研究」に該当する場合は、国際ルールでは多くの場合、研究開始前にSRCや研究機関による審査と承認が必要になりますので、事前にJSEC事務局へ連絡してください。


(5)潜在的危険性の高い生物因子や麻薬などの規制物質を取り扱う研究には資格を持った科学者の監督が必要です。ヒトを対象とした研究や脊椎動物を取り扱う場合にも有資格者の監督が必要になることがあります。


(6)最終審査会(プレゼンテーション審査)においては、下記に該当するものは提出・展示を禁止します。
  審査開始前に展示物のチェックを行います。


  • 引火性、爆発性のもの、および放射性危険物。
  • 生物等。細菌等すべての生物。
  • 気体、液体、蒸発性のある固体など、固形物での管理が困難なもの。
  • 重量が著しく重く、人間の手による持ち運びが困難なもの。
  • 裸火を使用するもの。
  • 工業所有権を侵害するか、そのおそれのあるもの。
  • 販売禁止品、麻薬、その他の法禁物。
  • 主催者の事前の承諾を得られなかったもの。
  • 所轄行政庁より指示、勧告のあったもの。
  • 騒音、悪臭、不潔等により他人の迷惑となるもの。
  • その他関連法令に抵触するおそれがある物および公序良俗に反するもの。
  • わいせつ物、公序良俗を著しく汚す物、ならびに明らかに常識を逸したもの。

▲このページのTOPへ


 

知的財産権・個人情報取り扱い等について

(1)JSECに提出された研究に関するすべての著作物の知的財産権は、提出者に帰属します。


(2)研究成果はJSEC事務局に提出された時点で公開されたものとみなします。ただし、JSEC事務局は、最終審査の通過後に一般の方々に対して公開する場合があります。


(3)JSEC事務局は、JSECに提出される提出者個人に関する情報を、日本国が定める個人情報保護法に準拠して取り扱います。


(4)JSEC事務局は、審査会や国際学生科学技術フェア(ISEF)で撮影された映像や写真を、印刷物や放送およびインターネットで公開、また複製できる権利を有します。当事者や関係者は肖像権などを主張できないことをご了承ください。


(5)提出された研究成果に関する特許の申請は自由です。提出者にその権利があります。なお、JSEC事務局は特許申請に関するサポートは行いません。


(6)JSEC事務局は、コンテストや海外派遣の実施状況について報告書にまとめ、後援団体や協賛社等の関係機関に提出する場合があります。その際に、提出者の個人情報の一部(氏名、学年、学校名等)が公表される場合があります。掲載を拒否する場合は、事前にJSEC事務局までお知らせください。


(7)最終審査を通過された方は国際学生科学技術フェア(ISEF)に出場する可能性があります。この場合、改めて個人情報の提出をお願いします。


(8)JSECは科学技術に対する理解増進および学力向上を目的とした社会貢献事業であり営利目的の事業ではありません。JSEC事務局は、一切の営業活動を伴う販売行為等を推薦するものではありません。


▲このページのTOPへ


 

コンテスト事業運営上の注意事項

(1)JSECの運営に際して事件・事故が発生した場合の準拠法は日本法とします。


(2)提出物の輸送や制作に関する一切の事件・事故に対してJSEC事務局は責任を負いません。JSEC事務局は、提出者に生じた一切の損害について責任を負いません。


(3)JSEC事務局は、事業の運営に際して一切の保険に加入する責任を負わず、保険を利用した損害賠償の義務を負いません。


▲このページのTOPへ


 


 

お問い合わせ先


JSEC2016事務局宛


【e-mail】 jsec2016@ad.asakonet.co.jp


【郵送先】 〒104-8665 東京・晴海郵便局 私書箱172号 朝日新聞東京本社 「JSEC 2016」係


▲このページのTOPへ