JSEC2003 第1回受賞者 Intel(R)ISEF参加

 科学技術に対する理解を深めることを目的として、米国のNPO団体サイエンス・サービスが運営する高校生を対象とした国際学生科学フェア「Intel(R)International Science & Engineering Fair (Intel(R)ISEF)」(メインスポンサー:インテル)が、米国オレゴン州ポートランドにて、第55回目の大会を迎えた。世界40カ国で開催された500以上の提携コンテストから選ばれた生徒がファイナリストとして1,300名以上参加した。応募された研究内容の18%が特許を申請するなど、大変にレベルの高い大会であり、賞や奨学金の総額は300万ドルにも達する世界最大級の科学技術コンテストである。

 今回は「第1回ジャパン・サイエンス&エンジニアリング・チャレンジ(JSEC2003)/高校生“科学技術”チャレンジ」(主催:朝日新聞社 後援:文部科学省ほか 特別協賛:アジレント・テクノロジー、インテル 協賛:東京精密、東レ)において優秀な成績を修めた8名の生徒が、世界にチャレンジをするために初の海外遠征を行った。

 彼らの活動を報告する。


JSEC2003受賞者がISEF世界大会に参加

プレゼンテーションの様子

 JSECからの参加者は、Intel(R)ISEFに出場(5名)した富山県立富山高等学校チームの早水悠登君・大崎剛喜君・前澤文宏君、公文国際学園高等部(当時)の矢野嵩典君、国立筑波大学附属坂戸高等学校(当時)の神林亮君と、体験ツアーに参加(3名)した国立筑波大学附属駒場高等学校の入江慶君、渋谷教育学園幕張高等学校の市川沙樹さん、神奈川県立中央農業高等学校(当時)の大井泰輔君である。彼らはそれぞれのプログラムに別れて、様々な体験をした。

 Intel(R)ISEFでは学術的な評価以外にも、研究動機や創造力、そしてコミュニケーション能力なども大切な評価項目として審査が行われる。審査員を務めるのは、世界各国から集まった約1,000人の博士号レベルの研究者や専門家たちである。彼らは、物理、化学、生物、コンピューター科学、環境科学、微生物学、行動社会科学など15分野に分かれたブースを丁寧に回って、研究内容を評価するのだ。

 またIntel(R)ISEFは科学教育の場でもある。地元の小・中学生や高校生、科学好きの大人たちが会場にやってきて、ファイナリストたちの研究を見て回る。小学生のグループを引率していた先生は、あるブースの前に立ち止まり、ただ見るだけでなく、どんな質問をすればいいのかを説明していた。わからないことにアプローチする方法を教えているのだ。

参加者同士で情報を交換し、イベントで各国の学生と交流

ノーベル賞受賞者にインタビューする大井君

 Intel(R) ISEFに集まったファイナリストたちは、通常の学校教育とはかけ離れた独自の研究を進めている場合がほとんどだ。インドから参加したアルムート・ラビンドラナート君は、「学校ではわからないので、尊敬する科学者に連絡を取って指導を受けた」と語っている。学校では学べない知識を得るために、みな手探りで自分のサポートシステムを作り上げている。それだけに会場では、ファイナリスト同士が互いのブースを訪ね合い、研究方法や研究を導いてくれるメンターの見つけ方について情報交換する場面も見られた。

 Intel(R) ISEF開催期間中は、ノーベル賞受賞科学者たちとの討論会や夕食会、恒例のダンスパーティーなどさまざまなイベントが連日開かれ、生徒たちは寝る間を惜しんで各国の生徒と交流していた。

 Intel(R) ISEFのハイライトである表彰式では、数々の賞の後、コンピューターグラフィックス用の新しいプログラムを開発した中国の朱元晨君、深海の岩石から火山活動を分析したアメリカのサラ・ローズ・ラングバーグさん、ローコストの走査型トンネル顕微鏡を開発したドイツのウヴェ・トレスケ君の3人に、最優秀賞であるインテル財団ヤング・サイエンティスト賞が授与された。

 科学技術の世界は大変にグローバルであり、そして「面白い」と思う気持ちが科学技術の芽である。本年も「第2回ジャパン・サイエンス&エンジニアリング・チャレンジ(JSEC2004)/高校生“科学技術”チャレンジ」(特別協賛:YKK 協賛:アジレント・テクノロジー、村田製作所、横河電機ほか)が開催される。「出る杭を伸ばす」ことをモットーとする本大会に、思い切って研究成果をぶつけてみてはいかがだろうか。なお、来年のIntel(R) ISEFはアリゾナ州フェニックスにて開催が予定されている。

【ISEFツアー参加者】

ファイナリスト
名前 学校
早水悠登さん 富山県立富山高等学校
大崎剛喜さん
前澤文宏さん
矢野嵩典さん 公文国際学園高等部
神林亮さん 国立筑波大学附属坂戸高等学校
ISEFリポーター
名前 学校
入江慶さん 筑波大学附属駒場高等学校
市川沙樹さん 渋谷教育学園幕張高等学校
大井泰輔さん 神奈川県立中央農業高等学校