JSEC2007 協賛社賞


アジレント・テクノロジー賞

 暑いとクーラーをつける、そこからCO2の排出が増えるといったように、熱環境の問題は悪循環を生みます。だからヒートアイランド現象について調べてみようと思ったんです。数値の計測に必要な風向風速計を自分でつくったり、工学を取り入れた研究のおもしろさに触れることができました。JSECに応募したのは発表の場がほしかったから。自分の研究を通じて理解し合えたり、新しい意見をもらえたりするので、人に聞いてもらうのが大好きなんです。発表できただけで満足だったんですが、こんないい賞までいただけて幸せです!



アプライドマテリアルズジャパン賞

 小学校のころから環境のこと、特に酸性雨に興味がありました。高校の授業でイオンが雨の性質に大きな影響を与えると学び、計測を始めたのがきっかけです。研究では、5カ月間雨のデータを収集し続けたのですが、膨大なデータ量になってしまい、整理に苦労しました。事前に学校内でもプレゼンの練習をしていたのですが、本番ではかなり緊張してしまって思い通りにはいきませんでした。賞をもらえるなんて思ってもみなかったので、ビックリです。しゃべることが苦手だったので、少しだけ自信になりました。



花王賞

 発足からわずか1年半の私たち同好会がここまで勝ち進むことができて、達成感でいっぱいです。とにかく部費がないので、カウンターが買えずに電卓を代用したり、拾ってきたゴルフボールを区画のポインターにしたり……。苦労しましたが野外調査はとても楽しくて、研究を進めるうちに環境問題にもどんどん興味を持つようになりました。今回、審査委員の方々にいろいろ指摘をされ、反省点もあります。アドバイスもいただき、もっと調べなければいけない部分もわかりました。これからも頑張って研究を続けたいと思います。



横河電機賞

 物理、文学、数学・音楽と、それぞれの得意分野から1/fゆらぎを検証しています。自分たちだけの新しい研究をしたくてこのテーマを選んだのですが、楽しい半面、苦戦することも多く、そもそも、1/fやゆらぎの概念を理解することが大変でした。表彰式で名前が呼ばれたときは夢かと思ってほおをつねったほどで、受賞は本当にうれしいです。今回の経験で、頑張れば報われることがわかったので、これからはどんな困難も乗り越えられる気がしています。この気持ちを、まずは受験勉強のモチベーションにつなげたいと思います。



JFEスチール賞

 大型スーパーで、車いすの方が両手がふさがって不便そうにしていたのを見て、自動追尾型買い物カートを開発しようと考えました。研究では、本体の制作、プログラムなどをチームのメンバーがそれぞれ担当しましたが、常にトライ&エラーの連続。自分が「これだ!」と思ったものでも簡単に壊れてしまったりして苦労が多かった。賞をいただけたことで努力が報われた気がします。僕らの研究は一人ではできませんでした。チームを組んだからこその成果です。科学のおもしろさ、研究のやりがいを改めて感じることができました。


JSコーポレーション賞

 科学技術政策担当大臣賞とダブル受賞



朝日新聞社賞

 私はコンピュータープログラムを勉強していて、いろいろなシミュレーション用のプログラムをつくっています。ある日、乱数の発生コマンドを実行したときに、どうもうまくいかなかった。だったら自分でプログラムをつくろうと考えたんです。プレゼンを自己採点すると85点くらい。自分の力を発揮できたと思います。賞をとれるかなと期待していましたが、こんなに良い賞とは。まずは、支えてくれた母や、応援してくれたクラブのみんなに受賞を報告したいと思います。これからも今の研究を続けて、来年こそはグランドアワードをとりたいと思います。



アジレント・テクノロジースポンサーコンプリメンタリー賞

 私はコンピュータープログラムを勉強していて、いろいろなシミュレーション用のプログラムをつくっています。ある日、乱数の発生コマンドを実行したときに、どうもうまくいかなかった。だったら自分でプログラムをつくろうと考えたんです。プレゼンを自己採点すると85点くらい。自分の力を発揮できたと思います。賞をとれるかなと期待していましたが、こんなに良い賞とは。まずは、支えてくれた母や、応援してくれたクラブのみんなに受賞を報告したいと思います。これからも今の研究を続けて、来年こそはグランドアワードをとりたいと思います。