JSEC2011 審査委員総評

ファイナリストの誇りを胸に

 高校生のみなさんが普段学校で取り組んでいる勉強は、与えられた内容を吸収することが中心です。テストでは、あらかじめ決められた答えに至る力が試されます。しかし自由研究では、未知の世界に自分の力で飛び込み、さまざまな経験をしなければなりません。JSECが第一回から、なるべく多くの生徒をISEFに派遣することを重視しているのも、広い世界で多くの経験をしてほしいからです。
 研究を通して未知の事象に取り組むことは、自分自身で思っている以上にみなさんの可能性を大きく広げてくれます。審査では賞を決めましたが、ファイナリストになったこと自体が素晴らしいことですから、堂々と胸を張ってください。今回の結果に一喜一憂することなく、受賞者もそうでない人も、引き続き努力を続けてくれるよう望んでいます。(談)