朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

第48回博報賞(国語・日本語教育部門)に植田恭子教諭

博報賞・植田教諭

 教育現場での地道な努力をたたえる第48回博報賞(国語・日本語教育部門)を、大阪市立昭和中学校の植田恭子指導教諭(59)が受賞しました。中学校の国語教育でのNIEをはじめとする長年の実践が認められたものです。

 植田教諭は朝日新聞NIEサイト「ののちゃんのDO科学」「この記事を手がかりに」執筆者の一人。新聞活用にとどまらず、ICT(情報通信技術)を使った授業や「学習・情報センター」としての学校図書館との連携など、幅広い活動が評価されたということです。

 11月10日に東京であった贈呈式では、受賞者を代表して「将来を担う子どもたちのために引き続き精進したい」とあいさつ。受賞後には「一緒に取り組んできた仲間を代表していただいたものと思います」と喜びを語りました。


 


★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。