朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

日本新聞協会
「第8回いっしょに読もう!新聞コンクール」表彰式を開催

 全国の小・中・高校生から新聞記事を読んだ感想文を募った「第8回いっしょに読もう! 新聞コンクール」(日本新聞協会主催)の表彰式が12月9日、横浜市の日本新聞博物館で開かれました。計4万7699点の応募作から選ばれた各部門の最優秀賞受賞者らに賞状と記念盾が贈られ、記事を書いた記者との対談もありました。

 中学生部門の跡見学園中(東京)2年中山桜さん=写真下右=は、ダウン症の人たちの9割超が「毎日幸せ」と感じていると伝えた記事(2016年11月24日付朝日新聞朝刊)を読み、「与えられた命をとても豊かに生きている」と感じたことをつづりました。中山さんは東京本社特別報道部の岡崎明子記者と対談。母親と記事のことを話し合った時を振り返り、「母も私のことを大事に思っていることを感じて、うれしく思った」と話しました。会場には記事に登場したダウン症の加藤錦さんも来場。中山さんが「何をしている時が一番幸せですか」と尋ねると、加藤さんは「家族みんなで食事をするのが幸せです」と答えました。

 高校生部門の埼玉県立川越女子高2年芦川琴乃さん=写真下左=は、父親が戦死し「誉れの子」と呼ばれた子どもたちを描いた記事(2017年8月16日付朝日新聞朝刊)を取り上げました。高校では新聞部で活動。記事を書いた東京本社社会部の木村司記者との対談で「最近は新聞を読むとき、この部分は本当にそうなのかなどと考えるようになった」と話しました。

 日本新聞協会のサイトでは、優秀賞以上の受賞作と対象になった新聞記事を紹介しています。
 http://nie.jp/month/contest_newspaper/2017/


★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。