朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
新聞を活用した「SDGs授業デザイン」

「SDGs付箋」を使って思考を見える化

 国連が2030年までに達成すべき世界共通の目標として掲げるSDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)には、いまの世界が抱えるさまざまな課題が盛り込まれています。新聞には、これら17のゴールと関連する記事が多数掲載されています。ゴールを意識して記事を読み、みんなで思考を共有することで課題解決に向けた多様なアプローチが可能になります。

◇ 準備するもの ◇
 ≫ SDGs付箋シート(一人3枚程度、各自で切り分けます)
 ≫ 当日の新聞   (一人1部ずつ、掲示用2部)
 ≫ 筆記用具、のり、ハサミ(各自)

 

◇ やり方 ◇
 ① SDGsの視点で新聞を読み、「17のゴール」に関連する
   記事を3つ探す
   ※ネガティブ・ポジティブ どちらの考えでもOK

 ② 関係があると思ったゴールの付箋を選び
   余白に「つぶやき」と「名前」を書く
   ※関連するゴールがない場合には、「18番目のゴール」を設定し、
    マークをデザインする

 ③ 書いた付箋を見出しの横に仮止めする

   【ワーク1】3、4人のグループでディスカッション
    ※選んだ記事、付箋、つぶやきを発表し共有する

 ④ 全ページ連続して掲示した新聞に付箋を貼り直す

   【ワーク2】学習者全員で思考を共有する

 

    ※このガイドは、有馬進一・日本NIE学会理事の授業デザインをもとにしています。

 

※以下の授業ガイドとシート類をダウンロードいただけます。

 ① ★「SDGs付箋」で思考を見える化ガイド
 ② ★SDGs付箋シート
 ③ ★「SDGsマッピング」で記事分析ガイド
 ④ ★新聞でSDGsワークシート (A3)

 


★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新聞授業ガイドブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社では、先生方のNIEの実践に役立つ「新聞授業ガイドブック」を改訂しました。授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック」とともに、ご希望の学校へ無料でお届けします。【→詳しくはこちら】


★ SDGs授業デザイン ★

SDGs授業デザイン


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。