現在位置:
朝日新聞社インフォメーション >
お知らせ

日中国交正常化40周年記念シンポジウム

 日中国交40周年を機に「歴史の変わり目」をどう考えるか、未来をどう切り開くか。若い世代、女性、現場の視点を重視する発想で考えます。

 ◇30日[日]午後0時30分〜6時、東京都新宿区の早稲田大学・井深大記念ホール。「日中関係の対立と摩擦を乗り越える」 基調講演 五百旗頭真・熊本県立大学理事長、鄭永年・シンガポール国立大学東アジア研究所長▽セッション1「歴史の中の協力・対立・誤解」〈討論者〉歩平・中国社会科学院近代史研究所研究員、劉傑・早大教授、高原明生・東大教授ほか▽セッション2「若者が描く未来志向の日中枠組み」〈討論者〉黄大慧・中国人民大学教授、阿古智子・早大准教授、若い世代の各界代表ほか。

 ◇参加無料。詳細は、大学共同利用機関法人・人間文化研究機構ホームページ。

 (同機構主催、朝日新聞社ほか後援)

(2012/09/20)