現在位置:
朝日新聞社インフォメーション >
お知らせ

「WE LOVE トンボ」絵画コンクール 入賞作品決定

文部科学大臣賞(小学1年生の部) 益子裕太さんの作品 環境大臣賞(小学4年生の部) 庄司賢太郎さんの作品 朝日新聞社賞(高校生の部) 金子愛美さんの作品 10月13日に東京で行われた最終審査会。13名の審査員で224点の入賞作品を選出した。 10月6日に大阪で行われた予選審査会。17万点以上の中から、約千点が最終審査へ。

 美しい自然のシンボルであるトンボを愛し守る心を育てるために毎年夏に開催している、第27回「WE LOVE トンボ」絵画コンクールには、全国の小・中・高校生から、過去最多となる171,458点もの応募があり、10月13日に開催された最終審査会で224点の入賞作品が決まった。

 審査委員長で東京大学名誉教授の東 昭氏は、「今年も多数の応募があり、作品の完成度も高く、審査をするのがとても楽しかったです。子どもが実際にトンボを観察して描ける機会が減少しているようです。トンボがすめる環境を守りたいですね。」と感想を述べた。

 個人の大臣賞ならびに金賞受賞者は次のとおり。(敬称略)

 【大賞・文部科学大臣賞】

 益子裕太(茨城県那珂市・瓜連小1年)、古川文香(埼玉県春日部市・正善小2年)、中岡真依(松山市余戸東・余土小3年)、飯田七星(水戸市吉沢町・吉沢小4年)、千葉花連(神戸市須磨区・須磨浦小5年)、浪岡優花(大阪市旭区・大宮西小6年)、長谷川真子(京都市南区・久世中2年)、琢磨香織(高松市番町・高松工芸高2年)

 【大賞・環境大臣賞】

 高木涼(茨城県小美玉市・羽鳥小1年)、川田愛純(神戸市灘区・神戸海星女子学院小2年)、林奏良(愛媛県大洲市・平小3年)、庄司賢太郎(仙台市太白区・八木山小4年)、竹野琴海(福岡県大野城市・大利小5年)、岩下明日香(大阪市東成区・中本小6年)、川上夏葵(愛媛県西条市・西条南中3年)、藤中夏実(兵庫県姫路市・姫路工業高2年)

 【金賞・朝日新聞社賞】

 奥野彩花(岐阜県土岐市・泉中2年)、金子愛美(千葉県市原市・市原中央高3年)

 【金賞・朝日小学生新聞賞】

 太田万葉(岡山県新見市・恩誠小1年)、大場浩樹(茨城県行方市・玉造小2年)、浦上優花(神戸市垂水区・多聞南小3年)、伊藤颯馬(大阪市西成区・天下茶屋小4年)、鈴木聡竜(神奈川県川崎市・王禅寺中央小5年)、前嶋瑠那(埼玉県鶴ヶ島市・新町小6年)

 【金賞・日本トンボ学会会長賞】

 安部りあり(岐阜県恵那市・恵那東中3年)、大西美帆(奈良県橿原市・橿原学院高3年)

 【金賞・トンボと自然を考える会会長賞】

 関谷美月(岐阜県本巣市・真桑小1年)、西村優太(茨城県牛久市・向台小2年)、田中愛大(栃木県益子町・七井小3年)、加田爽真(広島県竹原市・竹原西小4年)、桜井凜(宮城県美里町・不動堂小5年)、入江巧(茨城県古河市・古河第六小6年)

 【金賞・トンボ学生服賞】

 小阪乃愛(大阪府大阪狭山市・北小1年)、伊藤龍斗(福島県会津若松市・日新小2年)、植野愛悠(水戸市藤が原・リリーベール小3年)、川村遥乃(愛媛県大洲市・喜多小4年)、結城遥(宮城県美里町・青生小5年)、安藤優(茨城県ひたちなか市・外野小6年)、沢田めぐみ(秋田県横手市・平鹿中3年)、伊藤あつ子(岐阜県恵那市・恵那農業高3年)

 【銀賞】40名
 【銅賞】64名
 【入選】80名

 11月17日頃、株式会社トンボのホームページで入賞作品224点を発表します。

・主催 朝日新聞社・朝日学生新聞社
・後援 文部科学省・環境省・全国都道府県教育委員会連合会ほか
・協賛 株式会社トンボ

(2012/10/30)

関連情報