現在位置:
朝日新聞社インフォメーション >
お知らせ

ハフポスト日本版、運営会社を設立

 朝日新聞社と米国AOL傘下の「ザ・ハフィントン・ポスト・メディアグループ(HPMG)」は23日、日本語版「ザ・ハフィントン・ポスト(ハフポスト)=キーワード=」を運営するための新会社「ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン」を設立した。新会社の最高経営責任者(CEO)には朝日新聞社の小野高道・編集担当補佐兼デジタル事業担当補佐が就く。ハフポストはニュースやブログ、ソーシャルメディアを融合させたニュースサイトとして米国と欧州各国で読者を拡大しており、アジア初となる日本版は5月7日に開設する。

 新会社は東京都千代田区に本社を置き、約10人の編集スタッフでスタートする。同社の代表取締役にはHPMGのジミー・メイマンCEOと朝日新聞社の西村陽一デジタル事業本部長の2人が就任する。ハフポストは世界有数のオンライン・オピニオンフォーラムとして知られる。日本版はまず政治・経済・国際問題・社会問題の4分野で始め、徐々に分野を広げていく方針。

 ◆キーワード
 ザ・ハフィントン・ポスト ニュースや特集、エンターテインメントの情報源であり、読者が活発に意見を交わすコミュニティー。サイト訪問者数は米国で月間4600万人を数え(2013年1月現在、comScore調べ)、月間投稿件数は800万件以上。サイトに寄稿するブロガーは3万人に及ぶ。現在、英国やイタリア、フランスなど6カ国で各国版を展開する。

(2013/04/24)