シンポ「阿修羅像を未来へ」参加者募集

 シンポジウム「阿修羅像を未来へ ― 文化財保護のこれからを考える ― 」を開きます。奈良・興福寺の多川俊映貫首らが「なぜ、仏像の修理は現状維持でないといけないのか」を話し合います。阿修羅像CTスキャン調査の報告もあります。

 ◇2月25日[土]午後1時、東京・有楽町朝日ホール
  定員700人。参加費1人1千円

 ◇申し込み
  はがき(1通で2人まで)に、応募者全員の郵便番号、住所、電話、氏名(ふりがな)、年齢を書き、
  〒530-8255(所在地不要)アサヒ・ファミリー・ニュース社内「興福寺シンポ」係
  2月3日[金]必着。抽選後、当選者のみ参加証発送

 ◇問い合わせ 同シンポ事務局(06-6201-0637)(興福寺、朝日新聞社主催)