朝日新聞紙面審議会

【2014年度第4回審議会】

新委員にIIJ会長・鈴木幸一(すずきこういち)さん


     鈴木幸一さん

 今回で退任する奥正之委員の後任は、インターネットイニシアティブ(IIJ)会長の鈴木幸一さん(68)に委嘱します。
 鈴木さんは1946年生まれ。72年に日本能率協会に入社。82年に退社後、研究所役員としてコンサルティング活動に従事。92年に日本の商用プロバイダーの草分けとなるIIJを設立しました。94年に社長就任、2013年から会長。1993年に国内で初めて、インターネット接続サービスを開始し、日本におけるネット社会の基盤を創った先駆者として知られます。
 インターネット事業に加え、東京・上野で毎春、「東京・春・音楽祭」を主宰しています。「日本から世界に発信できるオペラを作ろう」と、05年に前身の「東京のオペラの森」を始めました。さまざまな会場を使い、オーケストラや室内楽など多様な演奏会が繰り広げられます。
 著書にエッセーをまとめた「言葉の水割り」「日々酔狂」などがあります。
 斎藤美奈子、湯浅誠、中島岳志の3氏には引き続き委員をお願いしています。


第23~24期紙面審議委員


     中島 岳志 委員
 北海道大学大学院法学研究科准教授。75年生まれ。専門は南アジア地域研究、日本思想史。05年「中村屋のボース」で大佛次郎論壇賞。

 

     湯浅 誠 委員
 社会活動家。法政大学現代福祉学部教授。69年生まれ。08年末に「年越し派遣村」村長。09~12年、内閣府参与。08年「反貧困」で大佛次郎論壇賞。

 

     斎藤 美奈子 委員
 文芸評論家。56年生まれ。編集者を経て94年、近代文学評論「妊娠小説」でデビュー。02年「文章読本さん江」で第1回小林秀雄賞受賞。

 

     奥 正之 委員
 三井住友フィナンシャルグループ会長。44年生まれ。日本経済団体連合会副会長。国際部門の経験が豊富。全国銀行協会会長なども務めた。