メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

(銚子電鉄から見た震災:5)銚子駅→朝日新聞支局ゆき

写真:銚子電鉄の銚子駅。JR銚子駅のホームの先に乗り降り場がある拡大銚子電鉄の銚子駅。JR銚子駅のホームの先に乗り降り場がある

写真:銚子電鉄の銚子駅ホーム拡大銚子電鉄の銚子駅ホーム

写真:旭市で被災者を取材する白石記者拡大旭市で被災者を取材する白石記者

 【若松真平】JR銚子駅のホームの一部を借りるようにして、銚子電鉄の乗り降り場はある。無人駅の本銚子駅から乗ったため、ここで運転手に180円を払って車両から降りた。その際に「精算済証」と書かれた紙を渡された。改札口がJRと共通なので、駅を出るときに必要なのだ。

 改札口でJR職員に紙を渡して外へ。利根川に向かって歩くこと10分。ごく普通の2階建てアパートの扉に「朝日新聞銚子支局」と書かれたプラスチック板が貼ってある。ここが、銚子市など3市2町の取材を担当する記者の住居兼仕事場だ。

 銚子電鉄の連載企画を始めるにあたってアドバイスをもらうべく、支局長の白石陽一記者(64)を訪ねた。私が入社して1年目の2002年、前橋総局の総局長だったのが白石記者だ。返ってきた答えは「自分の思ったとおり取材したらいいさ」の一言だった。

     ◇

 まずは白石記者の取材に同行して、銚子市に隣接する旭市へ向かった。

 海岸からなだらかな平地が続く九十九里沿岸にある旭市。東日本大震災では千葉県内最大の7・6メートルの津波が押し寄せ、13人が死亡、2人が行方不明となっている被災地だ。

 向かった先は県立東部図書館。仮設住宅に住んでいる被災者向けに復興住宅(災害公営住宅)の説明会が開かれるという。

 入り口付近で市職員を取材していると、お年寄りの男性が「説明会はここでいいですか」と訪ねてきた。会場へ向かおうとする男性に、白石記者がふらっと近づく。「お父さん、どちらから来られたんですか?」「仮設(住宅)は寒いのが一番しんどいってことですね。体、大丈夫ですか?」。男性の話にうなずきながら、5分ほど立ち話をしていた。

     ◇

 男性は自宅が津波で全壊し、今は仮設住宅で暮らしている。月5万5千円の年金暮らし。6畳1部屋でオーバーを着て、首にマフラーを巻いて寒さをしのいでいる。「電気ストーブを節約しているが、1月は電気代が6千円を超えてしまった。復興住宅の家賃が心配」と、説明会に参加した理由を話してくれた。

 説明会では、市の担当者から入居資格、家賃の軽減措置などが説明された。鉄筋コンクリート3階建て33戸を建設するそうだ。被災者らからは「33戸以上の希望者があった場合は抽選になるのか」と質問が出た。市は、聞き取り調査などから余裕をもって決めていると説明。だが、別の被災者からも同じような質問が出た。

 翌日の朝日新聞千葉版に記事が載った。「本当に入居できるかどうか、最後まで不安です」。被災者の思いが書かれていた。

     ◇

 「最近、年とってボケてきた。取材先で聞いたことを忘れるんだ」。白石記者は銚子に着くなり、そんなことを話していた。私が銚子電鉄を取材して内容を説明すると、「全長は6・4キロ」「せんべいの売り上げが3億4千万円、鉄道が8500万円」と資料を見ずに答えた。だまされた。

 すべての取材を終えて、行きつけの店へ同行。持ち込んだカキや白菜を調理してもらい、常連客と冗談をいいながらワイワイ盛り上がった。食通から元警察官まで、いろんな人がいた。総局長時代の口癖を思い出した。

 「会社で座ってても記事は書けないぞ。そんな暇あったら、いい店を探せ」

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

今だけ!朝日新聞デジタルが、月額500円。詳しくはこちら
PR情報
検索フォーム

3.11 震災・復興 最新記事

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧

ハッシュタグ #震災遺構

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&AIRPORT】空の上のレストランで舌鼓

    フィンエアーで過ごす極上の旅

  • 写真

    【&TRAVEL】1週間サハリンで暮らす旅

    再び「12万円で世界を歩く」

  • 写真

    【&M】受け継がれた名店のカレー

    「フィッシュ」(東京・新宿)

  • 写真

    【&w】チョコレート・アート展

    チョコレートをプレゼント

  • 写真

    好書好日親子って、厄介な存在だな

    松本穂香さんインタビュー

  • 写真

    論座汚染源は在沖米軍基地

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンホテルで買う老舗の和菓子

    The Okura Tokyo

  • 写真

    T JAPAN新時代のスポーツウォッチ

    最旬は「ブレスレット一体型」

  • 写真

    GLOBE+「もてたい」は批判の対象

    「議論」を好む国のSNS論争

  • 写真

    sippoペット保険契約が増加傾向

    治療費の高額化が背景に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ