メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

(被災地で生きる)このヤギでいつか 東京→亘理町

写真:飼育しているヤギと池田直樹さん。3頭から育て始め、今は12頭に増えた=亘理町拡大飼育しているヤギと池田直樹さん。3頭から育て始め、今は12頭に増えた=亘理町

 着たきりで汚れたダウンジャケット。左胸には「亘理町応援団」と書いたシールが貼ってある。

 亘理中学校で3月11日にあった町の追悼式。町内でボランティアを続ける池田直樹さん(47)が白菊を手向け、祭壇に手を合わせた。「亘理にいる間は毎年来るから」。心の中で言った。

 四国・松山市の生まれ。国際交流に理解がある父とボランティアに熱心な母の下、海外ボランティアに関心を持って育った。高校生だった1980年代初頭、世界的に食糧が不足すると言われるようになると、養鶏や畜産の専門家を志して香川大農学部に進んだ。

 卒業後の89年、青年海外協力隊の一員としてパプアニューギニアに渡った。3年間、養鶏の技術を地元住民に教えた。帰国して、サラリーマンも経験した。鶏卵の孵化(ふか)場や畜産商社、お茶の販売会社。すべて1次産業に関係ある会社だ。

 東日本大震災が起きたのは、次の仕事を探していた時だった。住んでいた東京都中野区が亘理町を支援していると知り、2カ月後にやってきた。知り合った人の紹介で、イチゴ農家の太田豊蔵さん(75)方で住み込みで働き始めた。

 ビニールハウスを建て直し、イチゴの収穫を手伝った。でも何かしっくりこない。「みんなの生活が再建できないと」

 知り合いが「亘理町応援団」のブログを立ち上げた。ここあてに送られてきた支援物資を町内の被災者に届け始めた。その合間をぬって、いろんな農家の手伝いもするようにした。

 住み込みをやめ、9万円で買った中古の軽ワンボックス車で迷い猫と暮らし始めた。1カ月で5万円もかからない生活費は、両親が亘理への義援金のつもりで送ってくれる。

 「納屋に住まないか」と言ってくれる知り合いもいる。だが、「亘理のみんなのために働きたい」と、個人の世話にはならない。

 太田さんは「頑張ってくれているけど、仕事を見つけてその間に活動してもいいと思うんです。変わり者だね」と苦笑いする。

 池田さんは、津波に襲われた土地の草取りをしていて、「ヤギに食べさせたら楽じゃないか」と思い立った。千葉県の牧場から3頭を譲り受けた。更地になった田んぼの一画で育て、12頭にまで増やした。

 子ヤギには亘理の復興の願いを込め、げんき、ゆうき、のぞみ、いちごなどと名付けた。「次に生まれた子はステップやジャンプにしようかな」

 ヤギたちを仮設住宅や保育所に連れて行き、被災者や子どもたちをなごませている。そしていま、ヤギにもう一つ仕事をしてもらおうと思っている。

 「町が計画しているように沿岸部が緑地帯になったら、ヤギの牧場をつくりたい。観光客が来てくれれば復興に役立てるんじゃないか」。夢はまだ町に伝えていないが、知り合った沿岸部の区長さんたちは賛成してくれている。

 「ミヤギだけにヤギで復興。どうでしょう」。夢を語った後、照れ隠しのだじゃれを言う。夢が実現するまで、言い続けてやろうと思っている。(鈴木剛志)

PR情報
検索フォーム

被災地で生きる 最新記事

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧

ハッシュタグ #震災遺構

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ