メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

高濃度トリチウムも検出 福島第一、坑道の汚染水

 東京電力は28日、福島第一原発2号機海側の坑道にたまった水から高濃度のトリチウム(三重水素)が1リットルあたり870万ベクレル検出されたと発表した。法令で定める濃度限度の145倍。事故直後に流れ込んだ汚染水がそのまま残っているとみられる。

 2号機海側の坑道にはタービン建屋から流れ込んだ5千トン以上の汚染水が今もたまっているとみられる。東電が今年7月22日に海洋流出を認めた汚染水は、これらが地中にしみ出し、海に漏れ出した可能性がある。この坑道の水からは23億5千万ベクレルと高濃度の放射性セシウムも検出されている。

PR情報
検索フォーム

3.11 震災・復興 最新記事

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧

ハッシュタグ #震災遺構

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ