メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

「心のふるさとは、絶対になくならない」

葉加瀬太郎さんが「日本の応援歌」として
    コンサートで必ず演奏している曲 「ひまわり」

ふるさとを思う気持ちが歌詞となり
    あらたに「歌」として、広がろうとしています。

復興支援音楽祭 歌の絆プロジェクト
(3月29日・郡山市民文化センター)

復興支援音楽祭

【動画】「ひまわり」合唱で初披露 復興支援音楽祭 郡山で開催

 「復興支援音楽祭 歌の絆プロジェクト」が29日、福島県の郡山市民文化センターで開かれた。被災者を含め約1900人が訪れ、葉加瀬太郎さんらの演奏や地元の郡山東、安積両高校合唱部の歌声に聴き入った。[続きを読む]

葉加瀬太郎さん

葉加瀬太郎さん「ひまわり」
歌詞アイデア募集

 (※募集は締め切りました。ご応募ありがとうございました。)

 東日本大震災からの復興を後押しする「復興支援音楽祭 歌の絆プロジェクト」が来年3月、福島県郡山市で開かれます。出演するバイオリニストの葉加瀬太郎さんが「東北のため、日本のための応援歌」として、コンサートで必ず演奏している曲「ひまわり」に、今回、被災地の子どもたちから募るアイデアで歌詞をつけることになりました。

 その歌詞のアイデアを募集します。応募できるのは岩手、宮城、福島の3県出身か、在住の小中高校生です。「ふるさと」をテーマに、歌詞、作文、詩など、形式は自由です。寄せられたアイデアをもとに、作詞家の松井五郎さんが仕立てます。完成した曲は3月の音楽祭で披露されます。

復興支援音楽祭 歌の絆プロジェクト
日時
2017年3月29日(水)
15:30開場/16:00開演
場所
郡山市民文化センター(福島県)
テーマ
「ふるさと」
参加アーティスト
葉加瀬太郎さん、西村由紀江さん、柏木広樹さん
合唱出演者
福島県立郡山東高校、安積高校の合唱部のみなさん
復興支援音楽祭2017

東日本大震災アーカイブ

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】きれいめ色を主役に

    代官山で聞いた春コーデ

  • 【&TRAVEL】春爛漫!花見露天のある温泉

    一度は泊まりたい宿3選

  • 【&M】アウディR8スパイダー上陸

    炭素樹脂のルーフが開閉

  • 【&w】碑文谷にグランドオープン

    イオンスタイル<PR>

  • ブック・アサヒ・コム「娘。」のコミック履歴書

    飯窪春菜「家にはたくさん」

  • WEBRONZA温暖化対策に動かぬ日本企業

    このままでは世界の孤児に

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末のイケメン30選

    命がけの男は、目つきが違う

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ