メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

「心のふるさとは、絶対になくならない」

葉加瀬太郎さんが「日本の応援歌」として
    コンサートで必ず演奏している曲 「ひまわり」

ふるさとを思う気持ちが歌詞となり
    あらたに「歌」として、広がろうとしています。

復興支援音楽祭 歌の絆プロジェクト
(3月29日・郡山市民文化センター)

復興支援音楽祭

「ひまわり」合唱で初披露 復興支援音楽祭 郡山で開催

 「復興支援音楽祭 歌の絆プロジェクト」が29日、福島県の郡山市民文化センターで開かれた。被災者を含め約1900人が訪れ、葉加瀬太郎さんらの演奏や地元の郡山東、安積両高校合唱部の歌声に聴き入った。[続きを読む]

復興支援音楽祭 歌の絆プロジェクト
日時
2017年3月29日(水)
15:30開場/16:00開演
場所
郡山市民文化センター(福島県)
テーマ
「ふるさと」
参加アーティスト
葉加瀬太郎さん、西村由紀江さん、柏木広樹さん
合唱出演者
福島県立郡山東高校、安積高校の合唱部のみなさん
演奏曲目
■高校生による合唱
「夜明けから日暮れまで」(郡山東高・安積高合同)
「花は咲く」(安積高)
「ありがとう」(郡山東高)
「こころようたえ」(郡山東高・安積高合同)
「くちびるに歌を」(同)
■葉加瀬太郎・西村由紀江・柏木広樹さんらによる演奏
「エトピリカ」
「あの日の約束」
「朝日のあたる家」
「リベルタンゴ」
「情熱大陸」
■全員演奏
「見上げてごらん夜の星を」
「ひまわり」(合唱曲版初演)
復興支援音楽祭2017

JASRAC許諾
第9016200039Y45039号

東日本大震災アーカイブ

注目コンテンツ