フローリングをよーく見てみると、日常生活でついてしまった、たくさんのキズがあるはずです。床の表面は以外に柔らかく、ひっかきキズやすりキズ、深く削れてしまったキズなど、新築の家でも数年のうちにあちこち痛んでしまうのではないでしょうか。

 今回は、そんなフローリングのキズをプロ並みに補修できる、ハウスボックスの「イージーリペアキット」をご紹介しましょう。もちろん修繕業者に頼むこともできますが、お金が掛かり予約なども面倒なもの。大事な自宅だからこそ、自分で補修にチャレンジして、気持ちよく新年を迎えてみませんか?

本格補修を手軽に

 この「イージーリペアキット」は、白くなったキズ部分に色を付けて目立たなくする補修材とは違い、へこみ部分に天然樹脂のシェラックを流し込んでフローリング表面と同じ強度に復活させる補修材です。こちらのセットにはコードレスタイプの電熱コテも含まれているので、すぐに作業が始められます。では、さっそく深く削れてしまったキズを補修してみましょう。

補修の流れ

(1)キズの周りを滑らかにする

 ブラシの柄をキズの周囲に押し当てて全体を滑らかにします。手で触ってとがっている箇所が無ければ大丈夫です。

(2)同じ色を作る

 キットにはつや消しのシェラックが4色入っています。これを床表面に合わせて調色します。コテでシェラックを溶かし、木目の無い部分と同じ色になるように混ぜ合わせてください。硬化したシェラックは熱を加えることですぐ溶けるので、何度でも混ぜ合わせることができます。

(3)シェラックを流し込む

 フローリングの表面より少し盛り上がる程度に溶けたシェラックを流し込みます。溶けた状態のシェラックは熱いので触らないように注意してください。

(4)平らにする

 15秒程度でシェラックは硬化します。キット付属のゴシゴシスクレーパーで表面を削って平らにしてください。ゴシゴシスクレーパーは樹脂製なのでフローリング表面をキズつけることはありません。

(5)木目を描く

 少し大きなキズの場合は、埋めた部分の木目が消えてしまうことがあります。そのときは別売りの「ツインマーカー」で木目を描いてください。始めに薄い色から描き始め、木目がつながるように仕上げてください。

(6)プロ並みの仕上がり!

 これで補修は完成。どこにキズがあったのかまったくわかりませんね。

家具のキズ補修にも

 「電熱コテを使う」というだけで難しく聞こえてしまいますが、やってみると思った以上に簡単で、しかも効果がある補修です。ぜひ大掃除の前にチャレンジしてください。

 フローリングを見ると、思った以上にたくさんのキズがあるかもしれません。でも、自分の手でどんどん床がよみがえるのを実感すれば、キズ補修がだんだん楽しくなってきますよ。

 「イージーリペアキット」はフローリング以外に、タンスやテーブルなど木製家具のキズ補修にも役立ちます。いろいろ試して、家中の木製品をピカピカに仕上げてください。

<問い合わせ先>

●ハウスボックス

http://www.house-box.co.jp/

文・DIY CITY代表 山田芳照

http://www.diyna.com/