現在位置:
  1. asahi.com
  2. ショッピング
  3. コラム
  4. ゆるゆる会社生活
  5. 記事

部下に小言は純喫茶

ゆるゆる委員会 ebisu委員

2009年3月5日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真部下に小言は黄昏時の純喫茶で言いましょう。はあー、コーヒーがおいしいです。うーん、小言を言おうと思っていたけど、もういいや。

写真ツッツキバコ。最近独り言が多くなったなと感じる中間管理職または単なる孤独なサラリーマンのおそばに置いて欲しい品。液晶の中をつっつけばつっつくほどリアクションが返ってきます。癒やされたい時に使ってみたいです。

写真カリタ ナイスカットミル。やはり珈琲豆は飲む前に挽いて香りを楽しみたいもの。業務用ミルを小型化したインテリアとしても欲しい品です。

写真最新・健康モーツァルト音楽療法 PART4 生活習慣病の予防。心を落ち着かせると言われるモーツァルト。音楽療法への活用で名高い和合治久教授が、監修・選曲・解説を担当して、現代人の病気を系統別に分けそれぞれに最適な選曲を行ったシリーズ。

写真踊る大捜査線に学ぶ組織論入門。映画『踊る大捜査線』から20の名台詞を取り上げ、独自の解釈によって、組織のダイナミズムやミッション、カタチ、そしてリーダーシップについて考察した書籍。

 ゆるゆる会社生活を送っていても、ある程度の年齢ともなれば部下も出来ます。そして仕事の中では、小言を言わなくてはいけないときもあります。しかし小言を言う側も、ストレスがたまるものですね。

ギスギスは最低限にしたいもの

 会議室に呼び出して話し出そうとすると、部下もさっそく勘付いて、心と体を固くして、すぐさまギスギスしてくるんですね。いつもはイイヤツなんですよ。でも、こうして無味乾燥な部屋で小言を言うと、後に尾を引きそうな雰囲気が充満してきます。これからも会社生活を一緒に過ごす大事な相手です。ギスギスを最低限にしたいと思うわたしは、出世していく人たちのグループには、やはり混ぜてはもらえないのかもしれませんね。そもそも、会議室なんかで小言を言うからギスギスするんです。おすすめポイントは「純喫茶」。

小言は、黄昏時に

 20年以上前にコンサルタントから聞いた話ですが、人の説得には3原則があるとか。まず、「黄昏(たそがれ)時」。あまり明るいと気が散ってダメだそうです。まあ、人生も黄昏時ですけど。

 次に「単調なリズム」。淡々と話をすることが効果的だそうです。静かに流れるクラシックのBGMなんぞがあれば効果が増すでしょう。

 最後は「スキンシップ」。あまり距離を取らず、圧迫感を感じさせない間合いが効果的だそうです。保険の外交の方が契約時にいつのまにかペンをさしだそうとする、あの間合いでしょうか?

純喫茶は小言に最適空間

 この3つの条件を自然に備えているのが「純喫茶」ではないでしょうかね。シアトル系コーヒー店でもなく、陽光さしこむオープンカフェでもなく、昭和の滋味あふれる薄暗い純喫茶です。熱帯魚がいたり、メニューにピザトーストやミルクセーキがあったりします。

 名画らしい額入り絵画を横目に席につきます。温かいおしぼりの袋を、音をたててあけ、顔も拭いて落ち着きましょう。クラシックが流れるアンニュイな店内、話す時に距離感を感じさせない小さなテーブル、まさに「説得環境」を100%満たした環境ではありませんか。

今日もゆるゆる純喫茶へ

 純喫茶の飲み物といえばコーヒーです。わたしの飲み方はちょっと砂糖をいれてかき混ぜ、ゆっくりミルクを入れ、かき混ぜずにコーヒーカップを揺らしつつ、そのままゆっくり口に入れます。コーヒーの苦みとミルクのまろやかな味が口の中でミックスされ、ひと口で二度楽しく、お得な飲み方が出来ます。ちょっと苦めのコーヒーを飲みつつ、小言のひとつを口にしても、どこか和みが発生してギスギス感を和らげてくれましょう。

 わたしは昭和チックなお店をこよなく愛します。それらのお店をのぞいてみていただければ、部下にゆるゆる小言を述べているわたしがいるかもしれません。実は部下に小言を言われていたりして。

プロフィール

写真

ゆるゆる委員会

「コーナータイトルの「ゆるゆる会社生活」を実践するべく、ゆる〜く結成された謎のサラリーマンの集まり。立ち止まって先を見ると、もうそんなにゴールも遠くない。会社での位置も何となく決まってしまった。とはいえ、職場ではハイテンションで働くことを要請される。でも、あんまりハイテンションのままでいるのはつらい。「ゆるゆる会社生活」とは、ハイテンションな仕事環境の中で、ローテンションな楽しみを見つけることにより、細く長く会社生活を楽しもうというものであり、その落差こそが「ゆるゆる会社生活」のキモなのである。

みんなのコメント

この記事の感想

Web投票

コメントの投稿はこちらから

投稿フォーム
(必須)
(必須)
(必須)
(必須)
(必須)200字以内を目安に入力してください。
【みんなのコメント投稿規約】

「みんなのコメント」(以下「本コーナー」といいます)は、アサヒ・コムに掲載された記事へのコメント投稿コーナーです。投稿にあたっては、この「みんなのコメント投稿規約」(以下「本規約」といいます)に同意していただくことが必要です。「投稿規約に同意して投稿する」をクリックして投稿することにより、投稿者は本規約に同意したものとみなされます。

1.掲載および削除

次の各号に該当するコメントの投稿はできません。朝日新聞社(以下「当社」といいます)は、コメントが次の各号に該当すると判断した場合、もしくは何らかの権利を侵害されたとして第三者から削除等を求められ、その求めが妥当だと判断した場合、その他当社が掲載を不適切だと判断した場合には、そのコメントを掲載しないこと、あるいは掲載したコメントについて直ちに削除等の措置を取ることができるものとします。

(1)法令に違反する内容またはそれを助長するおそれがあるもの

(2)第三者または当社の財産、名誉、信用、プライバシーもしくは著作権、パブリシティー権、商標権その他の権利を侵害するもの、侵害を助長するもの、またはそれらのおそれのあるもの

(3)社会通念上、わいせつな内容や不愉快だと感じさせるもの、その他公序良俗に反する内容を含むもの

(4)誹謗中傷、いやがらせ、差別、暴力的な表現等が含まれるもの

(5)本コーナーの趣旨に著しく外れた内容のもの

(6)営利目的や広告目的とみられるもの

(7)悪質なウェブページのURLを含むもの

(8)個人を特定できる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)が含まれるもの

(9)その他、本規約に反するもの

2.二重投稿の禁止

他媒体に投稿した内容を本コーナーに投稿したり、本コーナーに投稿した内容を他媒体に投稿したりすることはできません。

3.コメントの紙面等への掲載

コメントは、当社および当社の関連会社(総称して以下「朝日新聞グループ」といいます)が運営・発行する他の媒体(新聞、出版物、ウェブサイト、携帯電話サービス等も含みますがこれらに限定されません)にも無償で掲載・利用する場合があります。その際、編集・制作の都合上、コメントの趣旨を変えない範囲で修正・変更等をすることがあります。

4.投稿後の修正・削除

投稿後は、投稿者ご本人の都合によるコメントの変更・修正・削除はできません。やむを得ない事情でどうしても削除や修正が必要な場合には、「お問い合わせフォーム」(http://www.asahi.com/reference/form.html)を使ってアサヒ・コム編集部までお知らせください。

5.著作権

コメントの著作権は投稿者が有しますが、朝日新聞グループは本規約に定める範囲でコメントを無償で自由に利用できるものとします。コメントを除き、本コーナーの著作権その他の権利は当社が留保します。本コーナーに掲載されたコンテンツについて、当社の許可なく複製、転用、販売等の二次利用をすることはできません。

6.免責事項

コメントの投稿は、投稿者ご自身の責任で行ってください。投稿が原因で他の投稿者など第三者との間でトラブルが生じ、投稿者に損害が発生した場合でも、当社は一切の責任を負いません。

7.規約の変更

本規約は随時変更されることがあります。変更後の本規約は、当社が特に定める場合を除き、本コーナーで表示された時点から効力を生じます。

(2008.10.23実施)

楽天商品検索

キーワードで商品検索

powered by 楽天


ここから広告です

広告終わり