現在位置home >ショッピング > コーヒー・紅茶特集

特集コーヒー・紅茶特集

仕事に詰まった時、ちょっとリラックスしたい時、休日をより優雅にしたい時など、ストレスを溜めないためにも、ティータイムやコーヒーブレイクは欠かせない。数ある中から、こだわりのテイストやアイテムを探そう!

イチオシアイテム ドアーズ2005年ファーストフラッシュ ウドラバリ茶園

ドアーズ2005年ファーストフラッシュ ウドラバリ茶園

インドのドアーズ地方で作られる紅茶は、日本ではあまり知られていないが、アメリカやヨーロッパでは「ダージリンとも違う味わい」と、大変人気だという。そのドアーズには沢山の茶園があるけれど、上質なリーフティーを作れる茶園はわずか。このウドラバリ茶園のクオリティの高さは現地でも有名だが、通常は緑茶を生産しているので、春のファーストフラッシュ時期だけしか紅茶を作らない。だからこの紅茶は、まさに季節限定の味わいなのだ。まるで玉露を彷彿とさせるような、まろみのある味わいに、澄んだ水色が特徴。

詳しくはこちら

早春に優しい時間を過ごす為の珈琲豆セット

早春に優しい時間を過ごす為の珈琲豆セット

たかがコーヒーと思うなかれ。その味や香りのバリエーションは非常に奥深い。産地がちょっと離れるだけでも味の印象がガラリと変わるというから、色々試してお気に入りを探したいもの。このセットは、グアテマラにエルサルバドル、ホンジュラスやコスタリカと、南米産のコーヒーばかり。力強いボディにクリアな酸味のものやフルーティーな香りに甘い後味のもの、芳醇な味わいに程良い酸味がアクセントになったもの、香り高いアロマとバランスのとれた味わいのものと、コーヒー通ならば、日替わりで楽しみたくなるはず。

詳しくはこちら
 

春限定 さくらの紅茶

春限定 さくらの紅茶

日本が世界に誇る春の花“桜”。日本人は古来よりその可憐で美しい外観に、春の訪れの喜びと癒しを与えられてきた。そんな風流な桜をティータイムにも取り入れ楽しめるのが、こちらの紅茶。桜の実の爽やかな薫りとあっさりとしたオレンジペコのブレンドティーは、まるでティーカップの中に満開の桜が咲き誇っているような、優雅な味わいを感じられるはず。クセがない紅茶だから、お茶受けには和菓子も合う。桜を意識して、道明寺などを添えても良いだろう。お花見を楽しみながら、またお花見を思い浮かべながら味わいたい。

詳しくはこちら

カフェ・ソロ

カフェ・ソロ

ガラスジャグに直接コーヒーの粉を入れ、熱湯を注いで10秒かき混ぜ4分間待つだけ。あっという間に美味しいコーヒーが出来上がる。単に、手軽で便利という面だけでなく、コーヒーの味わいという部分においてもこのカフェソロは秀逸。一般的な紙フィルターを用いたドリップ式だと、スッキリとした味わいを楽しめるけれど、その反面コーヒー豆が持つ本来の強い香りやコク、また微量の油も一緒に取り除いてしまう。しかし、これならば、コーヒーパウダーを熱湯で十分泳がせるので、豆本来の個性を楽しめる。

詳しくはこちら

マカデミアナッツ&コナコーヒーセット

マカデミアナッツ&コナコーヒーセット

良質の脂肪・蛋白質・ミネラルなどがバランスよく含まれているマカデミア・ナッツ。お酒のおつまみやチョコレートのイメージが強いが、クリーミーな味わいのこのナッツは、ほろ苦いコーヒーと抜群に相性が良い。特に、ハワイ島産のものは粒も大きく美味しいと評判。それを楽しむのならば、やはりここはハワイ産のコナコーヒーが最適だろう。コナコーヒーならではのシャープな酸味と奥行きのある味をナッツがより際立たせ、幸せな気分にしてくれるだろう。大人のコーヒーブレイクには、こんな組み合わせを用意したい。

詳しくはこちら

ティータイム改造計画セット

ティータイム改造計画セット

紅茶を上手く淹れることは、結構難しいもの。それをすべて解決してくれるのがこのセット。茶葉と熱湯をキチンと計って蒸らし、丁寧に漉すだけで、ティーバッグのものとは比べものにならないほど美味しい紅茶に! 初心者でも安心なこのセットでコツを掴もう。

詳しくはこちら
 

フェアトレード コーヒー

フェアトレード コーヒー

フェアトレードとは公平貿易のことで、発展途上国に住む多くの人々に対して、その価値に見合った代金を支払い、支援することを目標としている制度。このコーヒーを積極的に買うことは、人助けにもつながる。毎日のコーヒー一杯にも、味以外の価値を求めたい。

詳しくはこちら

デバイスタイル サーモマグ コーヒーメーカー

デバイスタイル サーモマグ コーヒーメーカー

真空2重構造ステンレスマグに、ダイレクトにドリップコーヒーが注がれるコーヒーメーカー。コーヒーカップで約3杯分は裕に入るマグカップは、そのまま持ち運びできるから、入れたてのコーヒーを車・書斎・オフィスなど、いつでもどこでも楽しむことができる。

詳しくはこちら
 

石目シリーズ カップ&ソーサー

石目シリーズ カップ&ソーサー

陶芸家の宮島將寛氏によるカップ&ソーサー。無骨で荒削りな石や土を思わせるが、これが電化製品に囲まれたオフィスなどにも違和感無く馴染む。適度な重量があるので、手にとってみると安心感が得られる。ほっとくつろぎたい時には、こんなカップを使いたい。

詳しくはこちら

エスプレッソメーカー ネスプレッソ

エスプレッソメーカー ネスプレッソ

本格的なエスプレッソが作れるのに、操作は至って簡単。ホルダーにカプセルを入れたらスイッチを押すだけ。約30秒でコクのあるエスプレッソが出来上がる。シンプルさを追求したデザインだから、インテリアとしてリビングや書斎に置いても邪魔にならないはず。

詳しくはこちら
 

ハート型 ドロップティー

ハート型 ドロップティー

紅茶の茶葉を小さなハートの形に固めた、可愛いらしいドロップティー。ドロップティーは茶葉を圧力で固めているので品質は通常のリーフティーと変わらず、お湯を注ぐとすぐにフワッと茶葉が広がる。これを机の上に置いておくと、周囲からかなり注目されそう。

詳しくはこちら
 





| 社会 | スポーツ | ビジネス | 暮らし | 政治 | 国際 | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞で » インターネットで購読申し込み GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission