現在位置:
  1. asahi.com
  2. ショッピング
  3. うたの旅人
  4. 記事

「戦争協力」の歌だったのか? 童謡「ウミ」

群馬・赤城山

2010年2月5日

写真:林柳波は、この逗子の海を思い出して、「ウミ」の詞を書いたのかもしれない。右奥は江の島=神奈川県逗子市拡大林柳波は、この逗子の海を思い出して、「ウミ」の詞を書いたのかもしれない。右奥は江の島=神奈川県逗子市

 ウミは広いな大きいな〜、月がのぼるし、日がしずむ〜♪

 童謡「ウミ」を大声で歌うと平安な気分になりませんか? おおらかな詞に優しいメロディー、果てしのない大海原が思い浮かびます。

 ところが、この歌には「戦争協力」の意味があるという説があります。本当でしょうか。

 問題視されるのは、第3節です。「ウミニ オフネヲ ウカバシテ、イッテ ミタイナ、ヨソノ クニ」という歌詞が、大日本帝国の海外進出への期待を、子どもたちに歌わせたのではないか、というのです。

 「ウミ」は1941(昭和16)年2月、国民学校1年生用の音楽教科書『ウタノホン 上』に初めて掲載されました。作詞は童謡詩人の林柳波(1892〜1974)、作曲は井上武士(1894〜1974)でした。林も井上も、ともに海とは無縁の群馬県の出身です。林が生まれ育った沼田は山に囲まれて地平線が見えない場所です。

 「ウミ」が作られたころ、日本は中国との戦争が泥沼化し、南方に目を向けていました。前年9月、北部仏印(ベトナム北部)に進駐、41年の7月には南部へも兵を進めました。南進論が唱えられ、国民が南方にさまざまな関心を抱いていたときです。

 林は、当時の多くの作詞家同様、軍歌も作りました。「あゝ我が戦友」(37年)というヒット曲もあります。文部省の教科書編集委員を務め、国策に協力する立場にありました。

 でも、現代の研究者たちは林の「戦争協力」説に慎重です。戦時中の児童教育の研究で知られる作家の山中恒さんは、「時代の流れを追ってゆくと、『ヨソノクニ』は南方を指しているようにもみえる。でも……」と言って、「ウタノホン」の教師用手引書を見せてくれました。いわば先生のためのアンチョコです。そこには、「ウミ」の第3節について「海国日本国民の憧憬と意気とを歌ったものである」との解説があります。「海事思想とは、南方雄飛の意味でしょうが、露骨に海外進出を強調しているわけではない。決め付けてしまうのはどうだろうか」と山中さんは話します。

 日本の近代音楽史を研究する戸ノ下達也さんも「国威発揚なら『日ガシズム』は変だ。むしろ子どもの感性や想像力を養う意識がみられる」と言います。

 「イッテミタイナ」に自由への渇望を感じとるか、海外雄飛へのひそかな野心をみるか…林の生きた時代と、彼の作詞家人生を見てみましょう。

 

 (続きは2月6日付け朝刊の別刷り「be」をお読みください。)

 

聴く

写真

 童謡「ウミ」は唱歌や童謡のCDに数多く収録されている。「ウミ」を楽曲中に取り入れ、NHK「みんなのうた」で放送されたTUBEの「みんなのうみ」は、CDがソニー・ミュージックから発売されている。

読む

写真

 「ウミ」を作詞した林柳波の妻、林きむ子については、森まゆみ『大正美人伝』(文春文庫)が詳しい。明治・大正の美人を知るには、長谷川時雨『新編 近代美人伝』(岩波文庫、上下巻)がお勧め。顔かたちだけではなく、きりっと美しく生きた女性たちの列伝だ。ただし、岩波文庫版では、きむ子は数行程度で、詳しくは復刻版『美人伝』(不二出版)に。

今回取り上げている商品

CD「みんなのうみ」

CD「みんなのうみ」

夏&海を愛するTUBEが、国民的童謡「ウミ」へのオマージュを込めて制作した楽曲。

『大正美人伝』

『大正美人伝』

明治〜大正の三美人の一人とも称された林きむ子。逆境にも負けず意欲的に活動を続けた、きむ子の波乱の生涯を描く。

『美人伝』

『美人伝』

長谷川時雨による「女性評伝」シリーズ第一作の復刻版。明治・大正の美人を知るのにピッタリの一冊。

この商品を購入する以下は別ウインドウで開きますヘルプ

poweredbyamazon.co.jp

「うたの旅人」はbeでお届けしています

写真

朝日新聞be

beは朝日新聞の土曜朝刊に挟み込まれてくる別刷り紙面です。ビジネスの「b」(青のbe)と、エンターテインメントの「e」(赤のbe)から成っています。「うたの旅人」は赤beのフロント紙面で、08年4月から続いている企画です。毎週、一つの歌を題材に、記者が歌にちなんだ土地を旅し、歌にまつわるエピソードを探します。
朝日新聞の購読はこちらから

楽天商品検索

キーワードで商品検索

powered by 楽天

うたの旅人 記事一覧


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

ここから広告です

広告終わり