アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第29回朝日アマ名人戦 全国大会3、4位決定戦 >
  ▲ ▲鈴木貴幸(神奈川)     対   後手 △島達郎(東京)
現在は 第1譜 | 第2譜 | 第3譜 | 第4譜 | 第5譜

別ウインドウで開きます指し手再現 | 使い方

1〜12手

▲7六歩
△8四歩
▲6八銀
△3四歩
▲7七銀
△6二銀
▲2六歩
△4二銀
▲4八銀
△3二金=図
▲5六歩
△5四歩

△3二金まで

棋譜

指了図・△5四歩

棋譜

名人位はぐんと近く

 第29回朝日アマ将棋名人戦が3月18、19日、東京港区のチサンホテル浜松町で行われた。昨年の大会は、プロ入りを希望して将棋連盟に嘆願書を出した瀬川晶司さんや、本大会で優勝すると「もうアマに敵はいない」、天野高志さんとの三番勝負を前に「2局で終わらせたい」など、型破りの発言をした吉田正和さんが注目を集めた。

 その吉田さんが朝日アマ名人になった後、奨励会に入って名人を退位したため、今年の大会の優勝者は、三番勝負なしにそのまま第29期朝日アマ名人となる。参加選手にとっては名人位がぐんと近い大会になった。

 しかし、いずれも強豪を退けてブロック代表を勝ち取った選手同士、運も味方につけなければ上位進出は容易ではない。

 全国の強豪を倒して大会2日目の準決勝に勝ち残ったのは、島達郎、鈴木貴幸の両選手と、加藤幸男(千葉)、清水上徹(東京)の両選手。

 島選手は加藤選手に敗れ、鈴木選手は清水上選手に敗れ、3、4位決定戦に回ったこの対局をご覧頂く。非公式の場ではよく指しているという2人が、公式戦で向き合うのは初めてだという。 (玉虫) [次の譜へ]

2006年08月04日


関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

将棋ピックアップ

朝日将棋塾

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission