アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第29回朝日アマ名人戦 全国大会決勝 >
  先手 ▲加藤幸男(千葉)     対   後手 △清水上徹(東京)

別ウインドウで開きます指し手再現 | 使い方

1〜35手


▲7六歩  
△3四歩
▲2六歩  
△4四歩
▲4八銀  
△4二飛
▲6八玉  
△9四歩
▲7八玉  
△3二銀
▲5六歩  
△4三銀
▲5八金右 
△7二銀
▲7七角  
△7四歩
▲2五歩  
△3三角
▲6八角=図
△2二飛
▲8六角  
△6二玉
▲5七銀  
△5二金左
▲8八玉  
△7一玉
▲9六歩  
△8四歩
▲6六歩  
△8三銀
▲7八金  
△7二金
▲6七金右 
△5一角
▲9八香

▲6八角

棋譜

指了図・▲9八香

棋譜

若手トップの決勝

 26歳の清水上選手と24歳の加藤選手、優勝候補の最右翼に上っていた若手トップによる決勝となった。2人は、昨年のプロ編入試験で話題になった瀬川晶司四段が所属していたNEC将棋部で技を競う仲間でもある。

 「普段の勉強はアマ強豪やプロ、奨励会員との研究会が主です」と実戦派の清水上さんは愛用の四間飛車。一方の加藤さんについて瀬川四段は「序中盤に明るく本格的な指し手を好む居飛車党」と評する。持久戦模様に進めながら、▲6八角で▲2四歩の仕掛けを見せて△2二飛を強要、▲8六角は△6四歩をすぐに突かせない作戦だ。

 「本譜の角の動きは研究会で指したことがあります」と加藤選手。後手が銀冠に組み替えるのを見て▲9八香で居飛車穴熊の態度を明らかにした。こまやかな手順の連携で加藤選手のペース。 (古作登) [次の譜へ]

2006年08月08日


関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission