現在位置:asahi.com>将棋>朝日アマ名人戦> 記事

< 第30回朝日アマ名人戦 三番勝負第2局 >
先手 ▲ 山田洋次  (挑戦者)〈1敗〉   対   後手 △ 加藤幸男  (第29期名人)〈1勝〉

戦い慣れた戦型

2007年06月22日

 去年、第29期朝日アマ名人の座に就いた加藤幸男さん(25)に、全国大会優勝の山田洋次さん(32)が挑む三番勝負は6月2、3の両日、甲府市の「甲府富士屋ホテル」で行われた。

棋譜再生 別ウインドウで開きます | 使い方

▲6八飛まで 棋譜

1〜30手

  1. ▲7六歩
  2. △8四歩
  3. ▲7八金
  4. △3二金
  5. ▲4八銀
  6. △3四歩
  7. ▲2二角成
  8. △同 銀
  9. ▲6八銀
  10. △6二銀
  11. ▲6六歩
  12. △6四歩
  13. ▲6七銀
  14. △6三銀
  15. ▲4六歩
  16. △4二玉
  17. ▲4七銀
  18. △5二金
  19. ▲3六歩
  20. △1四歩
  21. ▲1六歩
  22. △7四歩
  23. ▲6八飛=図
  24. △2四歩
  25. ▲4八玉
  26. △2八角
  27. ▲3七角
  28. △同角成
  29. ▲同 玉
  30. △3三桂

指了図・△3三桂まで

棋譜

 2日の第1局は、後手で右玉に構えた山田さんが序盤戦で形勢を損ね、中盤に盛り返しを見せたが、及ばず敗れた。

 第2局は翌3日午前8時30分、立会人兼解説役の加藤一二三九段の合図で始まった。対局室はホテル12階の「鳳凰(ほうおう)」の間。広さは12畳と10畳で、窓から甲府市内が眼下に広がる。街の背後には幾重にも大小の山々が重なる南アルプス連峰が見える。

 第1局と替わり本局は山田さんの先番だが、同じく右玉模様。そこから▲6八飛と振った。山田さんは「第1局を勝っていたら、第2局は矢倉でいくつもりでしたが」。戦い慣れた戦型で何としても1勝したかったのだ。

(玉虫)

[次の譜へ]

このページのトップに戻る