メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

持ち時間不足、現役プロ痛恨 将棋電王戦で敗戦

図:図・▲4四金まで拡大図・▲4四金まで

 3月30日に指された「第2回電王戦」第2局で、現役棋士が公式の場で初めてコンピューターに敗れた。検討する棋士たちの形勢判断が二転三転する大熱戦だった。

 序盤はソフト「ポナンザ」の作戦が消極的で、佐藤慎一四段だけ飛車先の歩を交換できた。だが佐藤はその得を生かしきれないまま、難解な中盤を経て終盤戦に突入した。

 図はポナンザが▲4四金と打った局面。先手の攻めが続くかどうかギリギリだ。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

検索フォーム

朝日新聞 将棋取材班 公式ツイッター

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

将棋グッズ

注目コンテンツ