メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

負けて傷つく電脳将棋 「人間は特別」そもそも幻想か

写真:対局を終え、会見する佐藤慎一四段(左)とプログラム「ポナンザ」の開発者、山本一成さん=3月30日午後8時41分、東京都渋谷区、山本壮一郎撮影拡大対局を終え、会見する佐藤慎一四段(左)とプログラム「ポナンザ」の開発者、山本一成さん=3月30日午後8時41分、東京都渋谷区、山本壮一郎撮影

 【深松真司、近藤康太郎】高度に知的な世界でも、いつか人間が機械にかなわなくなる。多くの人が薄々そう感じていた。でもいざ負けると、心底悔しい。怒りにも似たこの気持ち、いったい何なのだろうか。

 3月30日夜。将棋電王戦第2局で、佐藤慎一四段が負けを認めた。相手はコンピューターソフト「ポナンザ」。現役プロがコンピューターに公式戦で敗れるのは初めて。その瞬間、棋士らが詰める東京・将棋会館の控室は静まり返り、沈痛な空気が広がった。第3局もプロが負け、第4局はかろうじて引き分けた。

 人が機械に敗れるのはむしろ普通だ。暗算能力で計算機に及ばなくても、機械仕掛けの人形「カール君」に100メートル走で敗れても、誰も本気で傷つかない。将棋になると、なぜにこんなに悔しいか。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

検索フォーム

朝日新聞 将棋取材班 公式ツイッター

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

将棋グッズ

注目コンテンツ