メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

将棋ソフト 鍛え合う 世界選手権に40組参加

写真:コンピューター同士の対局を見守る開発者たち。左端は、優勝したボナンザの開発者、保木邦仁さん=東京都新宿区拡大コンピューター同士の対局を見守る開発者たち。左端は、優勝したボナンザの開発者、保木邦仁さん=東京都新宿区

表:第23回世界コンピュータ将棋選手権決勝拡大第23回世界コンピュータ将棋選手権決勝

 プロ棋士との団体戦「第2回電王戦」で勝ち越した将棋のコンピュータープログラム(ソフト)。その強さに注目が集まる中、第23回世界コンピュータ将棋選手権が3〜5日、東京都新宿区の早稲田大学で開かれ、「Bonanza(ボナンザ)」が7年ぶりに優勝した。電王戦出場ソフトを制しての優勝に、コンピューター将棋全体の進化、充実ぶりをうかがわせた。

■優勝候補がミス、複雑さ裏目に

 3〜4月の電王戦には、昨年の第22回選手権の上位5ソフトが出場。プロ棋士5人と団体戦形式で戦って3勝1敗1分けとし、進化を遂げるコンピューターの実力が、プロのレベルに達したことを強烈に印象づけた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

検索フォーム

朝日新聞 将棋取材班 公式ツイッター

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

将棋グッズ

注目コンテンツ