現在位置:asahi.com>将棋> 将棋の本

飯野健二七段著「超実戦 駒を取る詰将棋」発売

2007年05月04日

 飯野健二七段著「超実戦 駒を取る詰将棋」(池田書店刊、税別950円)は、従来の詰将棋が駒を捨てる妙手に主眼を置くのに対し、敵の駒を取ってトドメに使う問題が135題。実戦感覚に近く、手の選択肢が広がり、読みが鍛えられる。初級者にもお勧め。

このページのトップに戻る