現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 将棋
  4. 朝日アマ名人戦観戦記
  5. 記事

<  第31期朝日アマ将棋名人戦三番勝負第2局  >
▲加藤幸男(第30期名人)対△金内辰明(挑戦者)

大激戦の末、タイに

対局日:2008年6月1日

第1図拡大  

第2図拡大  

第3図拡大  

第4図拡大  

第5図拡大  

終了図拡大  

 第2局は6月1日午前8時半から始まった。初戦を落として後のない加藤さんは▲2六歩。対してここで決めたい金内さんは△3四歩から「一手損角換わり」を選択。加藤さんは1筋を突き越してから右玉に入り、金内さんは穴熊に潜った。トッププロ同士の実戦例も豊富な戦型だ。工夫したのは加藤さん。玉を左右に移動し、第1図の▲6六銀で▲7五歩の仕掛けをみせ、金内さんの△6五歩を強要した。控室の加藤一二三九段の検討では玉の堅い後手の模様がよいとのことだったが、加藤さんは「△7三桂と跳ねさせ、△6五歩と突かせ、仕掛けを封じて十分」と見ていた。

■千日手を打開

 動けない金内さんは金を寄って戻す手順を繰り返し、千日手を歓迎。一方加藤さんは千日手にする気はさらさらなかったそうで、玉を8八に移動してから▲5九飛と回って打開。△6四角と打った金内さんが△7五歩(第2図)と仕掛け、96手目にしてようやく戦いが始まった。すでに開始から2時間半が経過していた。研究熱心の加藤さんはこの対局の前週に名古屋市で指された名人戦第4局を現地で観戦。2日目夕方まで駒の繰り替えが続いた神経戦をじっくりみた影響が出ていたようで、「トッププロの戦いはアマに降りてくるんです」と局後笑っていた。

■挑戦者ペース

 加藤さん工夫の駒組みだったが、戦いが始まってみると▲4七銀と▲5八金が働いていない分、金内さんに分があるようだ。加藤さんは▲5五角から角を切って後手玉を薄くしたあと、桂取りに▲7四歩(121手目)と打って相手を焦らせる勝負手を放つが、直後の△6四桂が厳しかった。

 焦点となったのは▲7八金と引いた手に対して△8一飛と引いた第3図(130手目)。ここは△8四飛と浮くべきだったというのが局後の結論。というのはここで▲8二銀と飛車先を止める手があったからだ。ところが加藤さんは▲4四桂と攻め合いに出たため、その瞬間の△8六歩(第4図)がなんと「詰めろ」。加藤さんはこの手をうっかりしていた。▲3二桂成と取れば、△8七歩成▲同金△7七角▲同桂△8七飛成▲同玉△8六銀▲7八玉△7七歩成▲6九玉△5七桂▲5九玉△4九金▲同飛△同桂成▲6九玉(▲同玉は△3九飛で詰み)△6八飛▲同金△同と▲同玉△7六桂▲7九玉△7八歩(△5七角成でも詰み)▲同玉△7七金以下詰み。30手近いがぴったりの詰みで、金内さんは1分将棋できっちり読み切っていた。

■難解な変化

 やむなく加藤さんは▲8六同歩だが、ここで後手の飛車が8一ではなく8四にいれば、△8六同角が利いたのだ。飛車が8一なら▲8二歩が打てるが、8四なので▲8七歩と打つことになるが、なんとこの変化も先手玉がぴったり寄る。繰り返し手数が長くなって恐縮だが、ネット観戦記なので明記する。▲8七歩以下、△7七銀▲同桂△同歩成▲同金に△7六桂打がぴったり。▲7九玉は△7七角成で後手玉が詰まず勝ち。▲7八玉は△7七角成▲同玉△8八角▲7八玉△7九金▲同飛△同角成▲同玉△8九飛▲同玉△8七飛成▲7九玉に△7八歩が一歩千金。▲6九玉に△8九竜で詰みとなる。

■挑戦者、痛恨の錯覚

 しかし、本譜は8一飛のため、△2二金と寄ることになり、▲8五香で先手が一息ついた。とはいえ形勢は難解。加藤さんは玉を上部に逃げ出そうとして、金内さんは必死に追う。1分将棋のなか見応えのある攻防が続いたが、157手目に7五の玉を▲8四玉(第5図)と出たのが危険な一手。▲6三銀と打って飛車先を止めておくべきだった。第5図で△8二金と入玉を防いでおけば難しかった。ところが、金内さんは△9三金と土壇場で大ポカ。▲7三玉に△8一桂で詰みのつもりが、8五に香があるので取られてしまう。金内さんは額に手をあて、がっくりとうつむき、△7七角成。以下は加藤さんが素早く寄せた。終了図は後手に受けがない。

 3時間33分、167手の大熱戦だった。最後はぽっきり折れてしまった金内さんだが、ここは加藤さんの防衛にかける執念がまさったのだろう。

 朝日アマ名人の行方は、午後の第3局に持ち越された。

(丸山玄則)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内