現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 将棋
  4. 朝日杯将棋オープン戦観戦記
  5. 記事

<  第2回朝日杯将棋オープン戦観戦記第10局(上)  >
本戦2回戦 ▲佐藤和俊五段―△丸山忠久九段

佐藤が名人経験者連破

対局日:2008年12月18日

第1図拡大  

第2図拡大  

第3図拡大  

第4図拡大  

第5図拡大  

■佐藤の中飛車

 12月18日、朝日杯の中継を観戦された方は、きっと竜王戦七番勝負第7局2日目も同時にご覧になっていただろう。挑戦者の羽生善治名人が3連勝後に渡辺明竜王が3連勝して、最終第7局で竜王位の行方が決まるという大一番。当日は将棋会館の控室でも現地から伝えられる一手一手を見て、熱心な検討がされていた。本局の解説はその熱気あふれる控室で、佐藤和俊五段自身に振り返ってもらったものである。

 同日午前10時から始まった1回戦で、丸山忠久九段は木村一基八段、佐藤和俊五段は森内俊之九段を破った。準々決勝は午後2時開始。佐藤の作戦は5筋位取り中飛車だ。力戦形のようでいて、多くの棋士によって研究されている最新形。丸山、佐藤ともに指し手が早いのは実戦経験と研究量の豊富さを物語っている。丸山は急戦に打って出た。居飛車陣は玉周辺がいかにも薄い格好だが、丸山がやると手厚く上部から圧倒しているように見えるから不思議だ。2枚の銀を前線に繰り出し、34手目△5五銀右(第1図)までは予定通りか。

■丸山リードか

 丸山は前回、準決勝で羽生名人を破って決勝に進出。決勝では行方尚史八段に敗れての準優勝だった。今期も当然、優勝候補の一人と言ってよいだろう。佐藤の立場から見てみれば名人経験者2人との連戦。なんともキツい相手が続くものだ。そういえば佐藤が昨年敗れた相手は、羽生名人だった。

 第1図のあたり、何人かの若手棋士によれば、居飛車側が先手の場合でもしばしば見られる形だという。その際には居飛車が1手多く、例えば△8五歩と指している。それに比べれば本局ははっきり居飛車側が遅れている。それでも丸山が滞りなくこの順を選んでいるのだから、あまり関係ないという判断があったのだろう。ここから佐藤が▲6五歩と反発して戦いが始まった。

■丸山優勢に

 佐藤が飛車を切って▲4三銀と打ち込んだのが第2図。丸山は「いいとは思ってなかった。ずっと大変だと思ってた」という。自陣が薄い居飛車急戦を指しこなすのは大変と思わせる展開だ。しかしさすが丸山、△3五角と金取りに出て、的確に最善の応手を続けてゆく。以下、相手の手に乗って▲4四角△3三金▲7一角成△4二飛と進んでみれば、居飛車陣は飛金金で固まって強化されている。62手目△7八飛(第3図)は好手。次の△4六馬が厳しく、実現すれば後手の3枚の大駒が一気に利いてくる。佐藤は▲4九金打と自陣に手を入れ、すぐには崩れない姿勢だが、△7七馬▲6三馬△5六桂▲5八歩△4八桂成▲同金(第4図)と進んでみれば、この瞬間は角桂交換で丸山が大きく駒得をしている。手番をにぎって攻め続ける丸山にうまい手があれば、あっという間に終わってもおかしくない局面だ。

■丸山勝勢

 第4図の▲4八同金の後、丸山は△5七歩と打った。「馬だった? よくわからなかったよ」と局後に丸山。代わりに△5九馬と入り、▲3九銀△4八馬▲同銀△5八飛成▲4七銀直△6九竜と進めれば先手陣は粘りがきかず、ほどなく丸山勝ちで終わっていたかも知れない。

 とはいえ、本譜の△5七歩▲同金△4八金も厳しい俗攻め。対して佐藤の▲4九銀では▲3九銀△5九馬▲4八銀△同馬▲3九金の方が粘りがあった。差は縮まらないまま、迎えた83手目▲4四桂(第5図)の局面は丸山勝勢だ。佐藤は正解手を指されたら、投了を覚悟していた。(つづく)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内