現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 将棋
  4. 朝日杯将棋オープン戦観戦記
  5. 記事

<  第2回朝日杯将棋オープン戦観戦記第19局(上)  >
決勝 ▲阿久津主税六段―△久保利明八段

阿久津、会心の逆転劇

対局日:2009年2月14日

第1図拡大  

第2図拡大  

第3図拡大  

参考1図拡大  

第4図拡大  

第5図拡大  

第6図拡大  

 決勝戦は、久保利明八段と阿久津主税六段の一騎打ちになった。芸術的な軽いさばきを身上とする久保に対し、阿久津の持ち味は踏み込みのいい突破力。明るくカラッとした両者の人柄が重なるからだろうか。20代後半と30代前半の実力者同士の一戦なのに、“ライトでスポーティーなフレッシュ対決”といった惹句がつい浮かんでしまう。久保の終盤は粘り強く、阿久津もまた泥仕合に強いのだが、この対戦カードのイメージは陽気でノリのいいポップ調だ。

 振り駒は「と金が5枚」で阿久津の先手と決まる。久保が4手目に△5四歩と突き、戦型はゴキゲン中飛車に進んだ。▲7八金〜▲6九玉(第1図)は、一時下火になったものの最近はやり出した指し方。後手の中央からの突進を手堅く食い止めることができる半面、玉の囲い方がスマートさに欠ける嫌いはある。先手は素早く、2〜3筋方面でポイントを挙げられるかが勝負のカギだ。

■久保の注文

 △3三角(第2図)は久保が得意とする手法で、本戦2回戦の対深浦康市王位戦でも採用し170手の激闘を制する原動力になった。他の候補手である△5五歩や△3二金よりも、飛車の自由度が高いのがメリット。本譜▲同角成△同桂にすぐに▲2四歩なら△同歩と取り、以下▲2四同飛は△2二飛▲2三歩△2一飛でよく、▲2三角も△3二金▲3四角成△2五歩で後手が十分に指せる。阿久津はいったん▲7九玉と寄り、△3二金に▲2四歩△同歩▲同飛を決行。久保は△2二銀と上がり、2四の飛車を目標にする方針にシフトした。▲4一角が怖い筋だが△4二飛以下、軽く受け流して何とかなると踏んでいる。

■好感触の角

 ▲6六歩に久保が△4四角(第3図)と打った場面で、木村一基八段が熱弁を振るう大盤解説場の壇上に、準決勝で敗れた渡辺明竜王と佐藤和俊五段が現れた。マイクを渡された渡辺竜王は「こんなテンションの低い敗退者に何を語れというんでしょう」とボヤき、「阿久津君は『負けたら一緒に近くのウインズ(場外馬券売り場)に行こう』と言っていたのに、自分だけ勝つんですからずるいです」――。身を切るギャグで場内を沸かせた。対阿久津戦でゴキゲン中飛車の採用も考えたという佐藤五段は、現局面について「パッと見は先手が嫌な形ですね」と話す。平べったい後手陣に比べ先手陣にはすきまが多く、決戦になると陣形をまとめづらいという見解で、渡辺竜王もこれに同意した。

■久保リード

 △4四角は「その場でなんとなく感性で指した一手」(久保)だったが、やはり好手だった。阿久津は「あれこれ考えたが△6六角と△2六歩の両狙いを見せられ、ピッタリした手が思い浮かばなくて困った」という。例えばここで▲4一角は、△4二飛▲3二角成△同飛▲2三歩△3一銀▲2二金△同銀▲同歩成に△5二飛▲1一と△4五桂で芳しくない。局後の検討によれば△4四角には▲3六歩と突き、△2六歩に▲3五歩△同角▲3四飛△4四角▲2八歩(参考1図)とバランスを取るのが、先手としては最善の方策だったようだ。本譜は▲6七銀△2六歩に、そこで阿久津は▲4一角(第4図)と打ち込んで勝負に出たのだが、後手に陣形の不備をつかれ、先手がハッキリ苦しくなった。

■驚くべき一着

 ▲2二同歩成に、△5二飛ではなく△6二飛(第5図)と回ったのがこの際の久保の好判断。▲1一とに△6四歩が気持ちのいい一着で、6七銀型の弊害が明らかになった。次は△6五歩の突き出しがすこぶる厳しく、先手はどう防いでも味が悪い。「大金がかかっているので▲7七銀」(木村八段)という説もあったが、攻め駒不足がつらすぎる。阿久津は薄さを甘受し▲7七桂。「泣きそうになる受け」(阿久津)だが、反撃の余地を残さなくては勝機がないと見た。△6五歩には▲同歩で下駄(げた)を預ける。と、そこで久保に目の覚めるような一手が飛び出した。な、な、なんと△6五同飛(第6図)!と取ったのだ。(つづく)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内