現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 将棋
  4. 朝日アマ名人戦観戦記
  5. 記事

<  第32期朝日アマ名人戦三番勝負第2局  >
▲清水上徹(挑戦者)−△金内辰明(第31期名人)

清水上挑戦者が勝ち、タイに

対局日:2009年6月7日

第1図拡大  

第2図拡大  

第3図拡大  

第4図拡大  

第5図拡大  

第6図拡大  

終了図拡大  

■角交換向かい飛車に

 金内さんが先勝して迎えた第2局は7日午前8時30分、清水上さんの先手で始まった。1日目の曇り空とはうってかわって晴天。甲府富士屋ホテル12階の対局室からは富士山も見える。プロのタイトル戦ではおなじみの「定刻になりました。開始してください」という立会人・加藤一二三九段の合図を聞いて、清水上さんは初手を▲5六歩と突いた。金内さんは△8四歩と応じて、先手の角交換型向かい飛車に進んだ。

■互いに自陣角

 開始から1時間。互いに30分ずつ使い、金内さんは左美濃、清水上さんは角の打ち込みを警戒したバランスの取れた陣形に構えた。手詰まり状態のように見えたが、清水上さんは6筋の位を取り、▲6六角(第1図・45手目)と打って局面を打開した。△2三玉には▲5五歩△同歩▲同角△9二飛▲5六銀直と好形を築いた。

 清水上さんの言い分が通ったようだったが、金内さんも△8四角と打って対抗する。放っておけば△5四歩で先手の角の逃げ場がない。以下▲8五桂から小競り合いが始まった。

■絶好「控えの桂」

 第2図(63手目)は清水上さんが▲2七桂と打ったところ。次に▲3五歩(△同歩なら▲同桂)を狙い、後手の2三玉型の弱点をついている。金内さんは△4五歩と突っかけたが、局後「△2二玉だったか」と迷いを口にした。△2二玉には、以下▲5九飛△6四歩▲同歩△同角▲6五歩△7三角▲3五歩△同歩▲同桂△3四金▲3六歩の展開を予想し、金が浮いた形を嫌ってやめたのだが、本譜は清水上さんが快調に攻めることになった。

 △4五歩に▲同桂△同桂▲同歩△同銀▲4六歩△5四銀に▲5六歩(第3図・71手目)。ここで清水上さんの残りは20分。局後、「ちょっと困った」と金内さんが言ったのに対し、清水上さんは「ちょっといいかと思った」。△5六同歩なら▲5五歩から角銀を総交換した後、▲6六角が厳しい。時間でリードしていた金内さんだったが、次の手を考慮中に残りは30分を切った。金内さんは△4四桂の攻防手をひねり出したが、清水上さんはかまわず▲5五歩から駒を清算し、再び▲7七角と打ち据える。△6五飛には▲6六銀と手厚く打ち、飛車を手に入れた清水上さんははっきり優勢を意識した。

■清水上さん攻勢

 第4図(84手目)の△2二玉は金内さんの受けの勝負手だ。角筋に入って危ないようだが、2三にいても▲3五桂打を狙われる。△2二玉を見た清水上さんは「よいしょ」と言って正座に座り直し、前傾姿勢で敵陣を見つめた。優勢を勝ちにつなげるために、腰を落としたようだ。そして意を決したように▲4五歩。すかさず金内さんは△6四角と反撃する。ここで清水上さんは秒読みに入り、以下、激しい駒の取り合いとなった。

■金内さん反撃

 第5図(96手目)での金内さんの△5六角は「実戦的な手」(加藤九段)。▲5九飛に△3八角成と切って▲同玉に△5四桂はかなりの迫力だ。非勢を意識していた金内さんは「一瞬食いついたかと思った」と言う。「おかしくしたかと思った」という清水上さんだったが、▲4七歩が冷静な受けだった。飛び道具のない金内さんは△4六桂▲同歩△4七歩と必死に食らいつく。この瞬間は後手に金銀が全部で7枚あり、プロの間では「必勝」と言われることもあるくらいだ。

■一気の寄せ

 しかし、桂がいなくなった美濃囲いはもろかった。△4七歩に▲5三飛成としても、先手玉は詰まず、後手玉には簡単に詰めろがかかってしまう(▲3三角△同銀▲同竜△同玉▲4五桂打以下)。これでも先手勝ちだったが、清水上さんは▲6二角と打った。これも▲4四角成△3三銀打▲同馬△同銀▲2三飛からの詰めろだ。金内さんは、以下△4八金▲2八玉に△4三金としたが、▲4四角打(第6図・109手目)が決め手。△同金は▲同角成△3三角▲同馬△同銀に▲4五桂が詰めろで一手一手。先手玉は5九の飛車がよく利いていて、金がないと詰まない。

 金内さんは△3三銀打と頑張ったが、▲6六角と銀を抜かれ、△5九金と飛車を取らざるを得ないのではつらい。次の▲3五桂打が後手玉の詰めろとなっては万事休す。まだ時間を残していた金内さんは△4八飛と王手で迫ったが、▲同角△同歩成とされても後手玉は詰むのでだめだ。実戦は▲3八飛だが、やっぱり後手に勝ちはない。終了図の▲2三飛を見て金内さんは投了。以下△2三同銀は▲同成銀△3一玉▲4三銀不成、△3一玉も▲4三桂不成△同銀▲3三飛成から簡単な詰みだ。

■決着は第3局へ

 最後は鮮やかに寄せた清水上さん。「▲2七桂(63手目)を打てて、ちょっとずついいかなと思った。最後はひやっとしたけど、何とか残していた」と話した。金内さんは「最初はそんなに悪くないと思っていたんですが……。最後は追い込んだけれど、届かなかった」。決着は最終第3局に持ち越しとなった。

(村上耕司)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内