現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 将棋
  4. 朝日杯将棋オープン戦観戦記
  5. 記事

<  第3回朝日杯オープン戦第3局  >
1次予選1回戦 ▲澤田真吾四段―△早咲誠和アマ

アマの猛追、プロが振り切る

対局日:2009年7月4日

第1図拡大  

第2図拡大  

第3図拡大  

第4図拡大  

第5図拡大  

第6図拡大  

終了図拡大  

■本局にかける思い

 恒例となった朝日杯のプロアマ戦。10人のアマがプロと対戦する真剣勝負だ。今回は現役最年少棋士・澤田真吾四段とアマ竜王2回、アマ名人3回などの実績を持つ早咲誠和アマの一戦をご覧いただく。本局は7月4日、大阪・福島の関西将棋会館で行われた。

 対局開始20分前、すでに早咲アマは対局室に入っていた。将棋盤をにらむ鋭い眼光は、気合や本局にかける思いを感じさせてくれる。澤田四段は8分前に入室。「公開対局と聞いていたが、緊張せずに臨めた」。こちらはいつも通り落ち着いた様子だった。振り駒で澤田四段の先手番に決まり、午後2時に対局は始まった。

■澤田の好発想

 序盤、早咲アマが向かい飛車にした後、穴熊に組んだ。対する澤田四段も穴熊に組み替えようとして迎えた第1図。早咲アマは△6五歩と積極的に動いていった。以下▲同銀△6三銀▲5五歩△4五歩▲8八銀△5五角▲7九金寄と進んだが、手順中△4五歩に対して5五歩を守らずに穴熊を完成させたのが好発想。ここは澤田四段がうまくまとめた。

 早咲アマの思惑と違った展開で迎えた第2図。ここで△5二銀がいい辛抱だった。それに対し澤田四段は▲5六銀と立て直す。以下△6一銀▲5五銀△4六歩▲同銀△6五飛▲5五歩と渋い応酬が続く。先手の銀が後退し変調にみえる本譜だが、「歩得を主張していけば指せる」が澤田四段の大局観だった。

■澤田優勢に

 第3図から▲5六飛△4八歩▲5七銀△4九歩成▲6六銀△6三飛▲4六飛△4四金▲5四歩△同歩▲3一角成で澤田四段の優勢がはっきりした。慌てずじわじわと指す、この感覚をぜひ盤に並べて味わっていただきたい。

 早咲アマも形勢を損なったからといって、簡単にはあきらめない。▲3一角成以降△4五歩▲2六飛△6一飛▲3二馬△5五歩▲5四歩△6二金とひたすら粘る順を選んだ。

 第4図で澤田四段は▲6四銀と決めに出た。以下△5一飛▲5三歩成△同金▲3三馬△同桂▲4二角でうまくいったようだが、△6四金▲5一角成△5四金左で早咲アマもなかなか崩れない。さらに▲4一飛△7一銀打▲3三馬と進んだが、▲3三馬では▲1一飛成〜▲6二香の方が勝ちは早かった。ただ、実戦でも澤田四段の優勢は変わりない。

■差を縮める早咲

 第5図で▲7三桂は△同金▲7一馬△同銀▲同竜△9三馬で粘られる。実戦も▲7二馬△同銀▲6二金に、早咲アマの△6三角〜△6一歩がいい粘りで、差がぐんと縮まった。澤田四段は気を取り直して、▲6三金△同金▲6六香△5三金引▲5四歩と攻めていく。早咲アマもひるまず△6八金▲7七金△5二金▲3四角△6七金と迫り、すでに一手違いの将棋になっている。

■澤田が逃げ切る

 第6図は早咲アマが再度△6一歩と受けて、逆転を狙った局面。先手玉はかなり危ない形になったが、ここからの澤田四段の指し手は正確だった。▲8一成香△同銀▲6一竜△9六歩▲8六玉△8四香▲9四桂△同香▲9三歩で勝ちを決めた。手順中、▲6一竜が▲8一竜△同玉▲7三桂不成の詰めろ。それを受けて△9六歩〜△8四香だったが、▲9四桂が自玉のトン死筋を消した決め手。「これで勝ちを意識した」と澤田四段。ただ、▲9三歩では▲8一竜△同玉▲7一金からの詰み筋があり、早咲アマからの指摘に「これは詰まさないといけないですね」と反省していた。

 終了図以下は△9二同玉▲8一銀△9一玉▲9二金までの詰み。

 早咲アマは「(第1図からの)△6五歩を含め、自分の指したい手は8割方指すことができたので悔いはないですね」と話した。澤田四段は「プロアマ戦ということで、少しプレッシャーがありました」とホッとした表情で語っていた。

 大盤解説会場では、解説の浦野真彦七段が「早咲さんの粘りと追い込みをみていると小池重明さんを思い出しました。大熱戦でしたね」と本局を振り返った。

(藤本裕行)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内