現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 将棋
  4. 朝日アマ名人戦観戦記
  5. 記事

<  第33期朝日アマ名人戦三番勝負第2局  >
▲早咲誠和(挑戦者)―△清水上徹(第32期名人)

清水上名人がタイに

対局日:2010年5月30日

第1図拡大  

第2図拡大  

第3図拡大  

第4図拡大  

第5図拡大  

第6図拡大  

終了図拡大  

■快挙達成なるか

 第1局は早咲さんが相振り飛車から猛攻を仕掛けて制した。一夜明けた5月30日。第2局は午前8時半に始まった。

 アマ名人、アマ竜王、アマ王将のすべてで優勝経験がある早咲さん。これまで三番勝負に縁がなかったのが不思議なほどだ。もう1勝して朝日アマ名人を獲得すると主要タイトルをすべて制覇したことになり、昨年の清水上さんに続いて2人目の快挙達成となる。

 一方の清水上さんは、昨年と同じく第1局を落とし、後がない。昨年は残り2局を連勝してタイトルを奪取したが、今年はどうだろうか。朝日アマ名人位を2期以上獲得した選手はこれまでに9人いるが、三番勝負で「初戦負け→2連勝」を2回果たした選手はいない。

 局面は少し風変わりな出だしとなった。3手目▲7五歩で石田流を狙った早咲さんに対し、清水上さんは4手目△5四歩で様子を見る。早咲さんが初手から2分使う一方、清水上さんも4手目に5分ほど費やすなど、共に作戦の選択に神経を張り巡らす。駆け引きの末、早咲さんの三間飛車に清水上さんが居飛車で対抗する形に落ち着いた。

■千日手か?

 戦型が決まったのもつかの間、控室の検討陣が少し緊張する場面が訪れた。(第1図)から、後手が△7二飛〜△8二飛を、先手が▲8八角〜▲7七角を繰り返して千日手模様になったからだ。千日手が成立すると対局が中断するため、関係者はパソコンの画面を注視していたが、結局は後手の清水上さんが△1四歩と手を変えて打開した。局後、清水上さんに聞いたところ、「もう少し駒組みが進んでも、そこそこやれると思ったので」と話していた。

 その後、互いに6筋に勢力を集中させるうちに、定跡とはまったく外れた展開となった。共に玉の囲いは堅くなく、形勢悪化が敗北に直結する恐れがある。

 開戦の時期の探り合いが続き、早咲さんが▲6五歩と仕掛けた辺りでは持ち時間が2人とも約30分ほどになっていた。

■激しいぶつかり合い

 戦いが始まり、角交換になったことで局面はほぐれた。清水上さんが△7九角から△3五角成と馬を作るが、早咲さんも▲6五銀から攻め駒のさばきを図り、一歩も引かない。(第2図)は△5五銀打に対して、早咲さんが▲4六銀と応じた局面。駒がぶつかり合う音が聞こえてきそうな激しさだが、駒の損得はなく、難しい戦いのようだ。

 さばき合いが一段落して、清水上さんが△1五歩と攻めたのに対し、早咲さんは持ち時間を使い切って▲7一角(第3図)と打ち込んだ。ここで清水上さんは駒音高く△5二飛としたが、感想戦で清水上さんは「△7二飛▲2六角成△3五銀とした方が良かったか」と振り返った。△5二飛は相手の手に乗って飛車を敵陣に利かせた手だが、先手に▲5五角と利きを遮られると先手陣の攻略は難しくなった。

■早咲さん逸機

 終盤に入り、どちらの寄せが速いかという緊迫した場面になった。共に1分将棋に入り、前傾姿勢で読みふけっている。

 7一の角と1一の馬で挟撃態勢を築いた早咲さんだが、ここでミスが出る。飛車取りに打った▲6一銀(第4図)は厳しい手だが、ここでは加藤一二三九段の指摘通り、▲2二銀と打って▲2一馬〜▲3一馬の筋を狙えばわかりやすく先手の勝ちだった。

 早咲さんの逸機に乗じて、ここから清水上さんが底力を見せる。(第5図)で後手玉は▲3二馬△5一玉▲1一飛成までの詰めろだが、ここで清水上さんは△5一玉と早逃げ。▲3一馬の追撃には「58秒」まで読まれながら△6二歩と受け、▲1一飛成には「59秒」まで読まれて△4二金!。見ている方もハラハラするような綱渡りの受けを連発し、ついには△7一玉(第6図)で詰めろが続かない形となって形勢は逆転した。危険に見える後手玉に寄りが見えないせいか、早咲さんはこのあたりでため息を繰り返していた。

■清水上さん、追いつく

 後手玉が安全になったのを見て、早咲さんは気を取り直したような表情で▲2六玉と入玉を目指す。だが、清水上さんは△4四角以下、丁寧に網を絞る。最後は△2二同角(終了図)と竜を取った局面で早咲さん投了。▲2二同銀成とするしかないが、△2四金▲1三玉△1四飛までの詰みとなる。投了を告げる前に、早咲さんが畳の上にポトッと扇子を落としたのが印象的だった。

 清水上さんにとっては、大きな逆転勝ち。早咲さんにとっては悔やまれる敗戦となった。これで1勝1敗となり、決着は第3局へと持ち越された。

(村瀬信也)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介