現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 将棋
  4. 朝日杯将棋オープン戦観戦記
  5. 記事

<  第4回朝日杯オープン戦第9局  >
2次予選決勝 ▲郷田真隆九段―△高橋道雄九段

郷田、A級対決制し本戦へ

対局日:2010年11月11日

第1図拡大  

第2図拡大  

第3図拡大  

第4図拡大  

第5図拡大  

第6図拡大  

終了図拡大  

■高橋得意の横歩取りに

 本戦進出をかけて争われる予選も、いよいよ大詰め。2次予選最終日となる11月11日、東京ではDブロックの対局が行われた。決勝に勝ち上がったのは、高橋道雄九段と郷田真隆九段。A級棋士同士の貫禄ある対決だ。

 高橋は、先手では矢倉、後手では横歩取りを得意としている。いっぽうの郷田は、相手の得意戦法を正面から堂々と受ける棋風。振り駒で郷田が先手に決まると、すらすらと横歩取りへ進行した。

 高橋の△8五飛戦法に対し、郷田は中住まいに構える。この中住まいはじっくり駒組みを進め、後手が攻めてきたところを打ち取る思想で、近年目ざましい流行を見せている。

 局面が動いたのは、郷田が▲7七桂と跳ねた局面(第1図)。第1図以下、実戦は△8四飛▲2四歩△4四角▲5六飛△5五歩▲4六飛と進む。▲2四歩では▲1四歩△同歩▲1二歩もあり、簡単ではない変化。郷田は「今日は▲2四歩で行こうと思った」と語っている。用意の作戦だったのだろう。ところが、ここから局面は郷田の思惑とは違った方向へと動いていく。

■後手が好調に攻める

 先手が3筋の桂頭を攻め、後手が切り返しつつ立ち回る。△4五桂(第2図)で後手が攻めのきっかけをとらえた。▲4六銀が普通の受けに見えるが、それには△5六歩▲同歩△4六角▲同歩△2五銀という攻めがある。これで先手の飛車は詰んでいるのだ。したがって▲4八銀と引いたが、こうなると4五の桂馬が攻めの拠点として残り、大きな存在だ。郷田は「先手の将棋じゃないなと思った」と、一方的に攻められる展開になったことをしきりに気にしていた。

 第2図から▲4八銀に、高橋は△8五桂と跳ねた。後手はゆっくりしていられない。4五の桂馬が生きているうちが勝負だ。この△8五桂を見て、郷田の動きがせわしなくなった。扇子を片手に「うーん」「へえ」とうなり、首をかしげる。体が斜めを向き、手はせわしなく駒台に向かう。そして意を決したように▲4六歩。桂取りを見せて後手の動きを催促する。ただし「ここ突くんじゃサンドバッグになっても文句は言えない」という郷田の言葉通り、相応の覚悟がいる手だ。

■手順前後

 後手が5七の地点に大きなクサビを打ち込み、7七の地点で桂交換して第3図を迎えた。ここで高橋は△6五桂と銀を攻めた。後手の持ち駒に銀があれば、△5八銀の1手詰めがある。▲6六銀には△8六歩が狙いで、▲同歩ならば△同飛が飛車成りと銀取りの両狙いだ。

 しかし、第3図では先に△8六歩▲同歩を入れてから△6五桂としたほうが勝った。高橋はこの順も考えていたが、歩切れになるのでためらったという。本譜▲6六銀△8六歩という進行では、この瞬間▲7六桂が利く。これが大きかった。

■飛車先止まる

 △8一飛に▲6五銀と桂を外して、郷田は手応えをつかんでいた。△8七歩成に▲8二歩(第4図)で飛車先を押さえる。連打で8筋を止められるのが▲7六桂の効果だ。

 ▲8二歩は、△同飛ならば▲8三歩△同飛▲8四歩△8一飛▲8七金で局面を収める狙い。そうなれば先手よし。駒損している後手は、局面を落ち着かせてはまずいのだ。しかし第4図で△7八と▲8一歩成△6八との攻め合いは、▲2三歩のたたきが悩ましい。「ここに歩が入るので切り込めなかった。どう対応したらいいか、わからなかった」と高橋。郷田も「これ(▲2三歩)を打てば勝負にはなると思っていた」と、この変化には自信を持っていたようだ。

 高橋は第4図で一分将棋になるまで考え、△7一飛と寄った。「8二に歩が残るからなんとかなる」。高橋の感覚はそう告げていたが、盤上では先手が徐々にリードを奪いつつあった。

■郷田が優位築く

 △8五飛(第5図)は後手期待の攻め。先手は8筋に歩が打てないのが弱みだ。▲9六角で先手を取られるが、△9五飛で角を質駒にして△6九角を狙う。しかし▲4五銀がピッタリの一手。対して△9六飛▲同金△6九角は▲5七玉でよい。▲4五銀が3六の飛車にヒモをつけているのが大きいのだ。高橋は△4四歩で銀を動かすが、▲3四銀もまた味のよい手で、以下△9六飛には▲3五飛の切り返しを可能にしている。流れるような手順で、郷田が優位を築いた。

■高橋、勝負手逃す

 ▲9六金(第6図)と飛車を取り、この時点で先手は金得。しかし後手の駒台には豊富な持ち駒があり、手番も握っている。まだ逆転の余地は十分にありそうな局面だ。

 実際、第6図では△5八歩成がこの一手の勝負手だった。▲7三金と打つ手はあるが(△同玉は▲8四角以下詰み)、△5三玉と逃げられてはっきりしない。▲7三銀△5三玉▲5一飛△5二歩と進めても、やはり決め手が見えない。「これ厳しいですね。何するかわかんないです」と郷田。「何かある?」と感想戦を見守っていた宮田敦史六段に尋ねるが、宮田も首をかしげ押し黙る。郷田はため息をつきながら、「わかんないよねー、これで秒に追われたら……。いや、銀取られた(△4八と)後のことは考えたくないです」と首を振った。高橋は「これは大変ですね。こっちは成っちゃえば気が楽」とうなずいた。

 実戦、高橋は第6図で△8八飛と攻防手を放つ。守っては8筋に利かせ、攻めては△6九角からの詰めろになっている。対する郷田は秒を「9」まで読まれ、滑らせるように▲7四銀。これが高橋の飛車打ちを上回る好手だった。上部を厚くして詰みを防ぎつつ、▲7二飛からの詰めろになっている。

■最後は即詰み

 高橋は頭を抱え、秒に追われるように△6九角と王手。▲5七玉△5八角成▲6六玉と追うが、先手玉に詰みはない。△7三歩と手を戻した瞬間、▲7二飛が突き刺さった。以下、高橋は△7二同玉▲6四桂△同歩▲6三角(終了図)まで進め、投了を告げた。終了図以下は△6二玉▲5二金△7一玉▲8一角成まで、8二の歩がピッタリ働いて詰み上がる。

 A級対決を制した郷田が、3年ぶりの本戦進出を決めた。「相手だけ桂が使える、さえない作戦でしたね」。そう振り返る郷田の声が、少しだけ高揚していたように聞こえた。

(松本哲平)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介