メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

<  第6回朝日杯第36局1  > 本戦準決勝 ▲羽生善治三冠―△渡辺明竜王

渡辺、羽生を破り決勝へ

対局日:2013年2月9日

第1図:  拡大  

参考図1:  拡大  

第2図:  拡大  

参考図2:  拡大  

参考図3:  拡大  

第3図:  拡大  

参考図4:  拡大  

■道筋を託したい

 第6回朝日杯将棋オープン戦の準決勝(▲羽生善治三冠―△渡辺明竜王)と決勝(▲渡辺―△菅井竜也五段)が指された2月9日から、3カ月以上が経過した。さすがにネタの古さは否めない。加えて、どちらの対局も残念ながら中盤で一方に致命的なミスが生じ、ワンサイドの内容になってしまった。しかも大盛況だった当日の模様は、既にネット上の記事や中継コメントで十全に伝えられている状態だ。さあ、どうしたものか。

 今回、私は観戦記という体裁を放棄することにした。この2稿とも、決定的に差がついた中盤までの手順を中心に、指し手の背景やその問題意識、思考過程を探りながら、普遍的なエッセンスを絞り出すことのみに専心しようと思う。

 先日の第71期名人戦七番勝負第3局の角換わり戦で、急所の場面(▲3五歩)まで同一手順をたどった朝日杯の前例(▲村山慈明六段―△渡辺)が、観戦のためのガイダンスとして大いに資することになったのは記憶に新しい。この観戦記でも、そんな道筋を託したいと考えたのだ。

 具体的には、準決勝、決勝をそれぞれ5回にわたって、研究熱心なことで知られる長岡裕也五段と金井恒太五段に本局を振り返ってもらった対談を主軸に、当日の感想戦メモ、それに両五段からつい最近寄せられた追加メールもあわせて紹介することにしよう。実は両五段の対談自体が3月上旬に行ったものだったため、若干の鮮度落ちを心配した。さらに2カ月がたった今はどう考えるのか、念のため補足的な再考を促したのだ。両五段とも、補強したいことや強調したいことを改めて丁寧につづってくれた。

 その上で(1)棋譜(2)棋譜コメント(3)大盤解説会場(に両対局者が移動後の)感想戦メモ(4)別室(に両対局者が移動後の)感想戦メモ(5)長岡金井対談(6)長岡金井の追加コメント――という順序で、じっくり現代将棋への理解を深めていただければ幸いである。

■大盤解説会場感想戦メモ

 43手目▲7五歩(第1図)…判断ミス。▲1五歩としなくてはならなかった。以下△1六歩に、▲同飛は△1五角▲2六歩△3六飛で先手が悪い。よって△1六歩には▲2五桂だが、△1五角▲2九飛に△2八歩▲同飛△1七歩成▲同香△4八角成▲同金△1七香成(参考図1)。渡辺は「これは歩切れになるので後手もやりづらい意味がある」。

 49手目▲3五歩(第2図)…この手が失着で、先手は形勢をいっそう悪くした。まだしも▲2五桂だった。▲2五桂には△2四飛▲3三桂成△2六飛▲3二成桂△3六飛。

 「自信はないがこれをやるしかなかった。本譜は何かあればいいが、と金だけ作られて何もなかった。駒がぶつかった直後のミスで大変残念」という羽生に対し、渡辺は「積極的に行ったのがいい結果に結びついた」と語った。

■別室感想戦メモ

 ▲7五歩(第1図)に代えて▲1五歩は、△同角には▲2二飛成△同金▲同角成△2九飛▲1一馬で先手良し。よって後手は△1六歩だが、▲2五桂△1五角▲2九飛△2四歩▲1二歩△同香▲1三歩△同桂▲同桂成△同香▲1六香(参考図2)に、(1)△4八角成▲同金△1六香▲4五角は先手良し。(2)△3六飛▲1五香△3八飛成▲4四桂(△同歩は▲1六角)は難しい。途中▲2九飛に△1七歩成▲同香△1六歩は、▲1三桂成(▲1六同香は△3六飛で後手良し)△同香▲2二角成△2六桂▲3七金△2二金▲1六香で大変だ。

 羽生「いずれにしても、▲7五歩では▲1五歩と取るしかなかった」。

 渡辺「▲1五歩に△1六歩▲2五桂にはどうするか。手が広くてちょっと決めかねていたんですけれど」。

 ▲3五歩(第2図)に代えて▲2五桂も、△2四飛▲3三桂成△2六飛▲3二成桂△3六飛▲4二金△同金▲同成桂△同玉▲3七銀△3五飛▲3四桂△5二玉で寄りがなく先手ダメ。

 なお、(▲3五歩の2手前の)▲5六角(第3図)では▲5五角だった。△1六歩▲2五桂△同桂▲同飛△2四歩▲4五飛△3六飛▲3七銀△7六飛▲7七桂ならまだ大変。「本譜のラインは実は筋が悪かったですね」と羽生。▲5六角は打った効果が薄く、直接の敗着となった。これを打ってからは先手は勝てない。後手に飛車を5筋に回られて将棋が終わってしまった。

(小暮克洋)

検索フォーム

朝日新聞 将棋取材班 公式ツイッター

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

将棋グッズ

注目コンテンツ