メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

<  第6回朝日杯第37局5  > 本戦決勝 ▲渡辺明竜王―△菅井竜也五段

渡辺が初優勝

対局日:2013年2月9日

第7図:  拡大  

第8図:  拡大  

■長岡五段追記

【22手目△5六歩】

 菅井君の作戦選択については推測が多くなってしまいますが、△3二金(第7図=再掲)▲5八金右の局面で、△5六歩と仕掛ける手に振り飛車党がこだわっているのがなぜなのかには、いまだに興味があります。代えて△4二銀なら、先手は▲7七銀も有力とはいえ▲6六歩が主流。そこで△5六歩としたほうが後手は指し手を限定しているようにも見えるのですが、振り飛車党はその指し方をしません。本譜△5六歩には▲同歩△同飛▲3三角成△同桂▲3五歩△5四飛▲1八角があり、居飛車有望と思いますが、その順を知りつつ例えば久保九段も△5六歩と突いているのでなんともいえません。このあたりは判断が難しいですね。

 違いとして考えられるのは、△4二銀と上がってから▲6六歩△5六歩だと(1)▲同歩△同飛▲5七銀上△5一飛▲3五歩や、(2)▲6七金右△5七歩成▲同銀上△4四歩に▲3五歩と仕掛けられる可能性があることでしょうか。後者は△4四歩の局面は本譜と合流していますが、3日後の対村中戦では菅井君は△4二銀に代えて△4三金と備えていました。そのあたりに後手にとって何かイヤな順があるということなのかもしれません。

【34手目△5一角(第8図=再掲=の次の手)】

 △6四歩と突き、次に△5四歩▲同歩△同銀▲5五歩△6三銀と立て直す順が自然ですが、とにかく低く構えて堅く囲うほうが勝ちやすいと見ているのだと思います。村中戦では△5四歩〜△4五銀と激しく戦う将棋を指しているので、△5一角ではあまりうまくいかなかったという認識なのでしょう。6三銀型に組み直すのは評価が低いということかもしれません。

■金井五段追記

 (1)超速▲3七銀が居飛車の主流になり、それに対応する中飛車側のシフトの中でここ数年続いているのがゴキゲン中飛車です。菅井さんもスペシャリストとして数々の対策を編み出していますが、4四銀型はあまり指していません。低い陣形からの軽い動きが菅井さんの特長ですから、具体的な変化もさることながら持ち味が出ない展開になると見ているのかもしれません。菅井さんは自身の長所をよく分かった上で、作戦を選んでいると思います。本局は持ち時間の短い将棋ですし、レパートリーの中からしっかりと美濃に囲える3二金型をチョイスしたのでしょう。

 (2)渡辺さんは対振り飛車において「できる限り乱戦にしない」ということを意識しているように感じます。その姿勢はダイレクト向飛車に対して、▲6五角と打たずに戦うところなどに表れています。△3二金(第7図)の局面でも▲7七銀と上がって激しく戦う順も有力なのですが、渡辺さんは▲5八金右を多く採用します。穏やかでありながら、十分に力が発揮できる展開を好む渡辺さんの棋風が出た指し方と思います。

 (3)本局の大きなテーマは将棋観のぶつかり合いです。手得した先手の陣形が手厚いのか、薄くて勝ちにくいのか。これはプロでも見解が分かれるところです。穴熊への組み替えを目指す菅井さんの構想は斬新でした。この作戦が早指し用なのかどうかは本人にしかわかりませんが、興味深いところです。ただ、本局では角を使った渡辺さんの揺さぶりが効果的でした。こうした細かい指し方は、なかなか研究の段階でフォローしきれないもので、実戦で指されて初めてダメージを実感する場合が多いです。穴熊を警戒され、△7四歩と突いたあたりから徐々に菅井さんの予定が狂っていったように見えました。右銀を6六に持っていったところで先手の作戦勝ちがはっきりしています。

 (4)この将棋を改めて見て感じるのは、渡辺さんが終始とても慎重だったことです。明らかに一本取ったかに見える▲2四歩の場面でさえ、△同歩の変化を丁寧に読んで気にしていました。終盤戦も最終的には金銀5枚の要塞(ようさい)を築いて盤石の形に。相撲でいえば、すぐに前に出ても勝てそうなところを、上手も下手もがっちり引いてから寄っていくという感じでしょうか。手堅い指し回しになったのは、菅井さんがそれだけの鋭さを持っているからにほかなりません。

 (5)超速VS.ゴキケン中飛車3二金型はこの後も何局か公式戦で現れています。△5六歩に▲3三角成△同桂(△同金も考えられる)▲3五歩という順で先手がよくできるかどうか。本譜の△5六歩に代えて△4二銀▲6六歩(▲7七銀も有力)△4四歩▲3五歩といった順はどうか(棋聖戦・▲佐藤天彦七段−△久保戦・3月28日)。▲3五歩以下△4三銀▲3八飛△3五歩▲同銀に△5六歩と進みました。全体としては居飛車がやや押している印象ですが、棋風が影響しているかもしれません。解明にはもう少し時間がかかるような気がしています。

(小暮克洋)

検索フォーム

朝日新聞 将棋取材班 公式ツイッター

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

将棋グッズ

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】クルっと変身が楽しい!

    話題の3D&360対応カメラ

  • 写真

    【&TRAVEL】宝石のようなオリーブ手摘み

    干潮で現れる天使の散歩道

  • 写真

    【&M】SUVもさすがの乗り心地

    ロールスロイス・カリナン

  • 写真

    【&w】高2男子を“育てる”女たち

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日ただ「積む」だけの面白さ

    絵本「まる さんかく ぞう」

  • 写真

    WEBRONZA稀勢の里はもう休場できない

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンスーツの長持ちテクニック!

    そのひと手間で大きな差がつく

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第31回

  • 写真

    GLOBE+サードウェーブ、実は日本発

    アメリカ西海岸コーヒー物語

  • 写真

    sippo大施設で犬猫の譲渡会、急増

    会場側「動物の集客力すごい」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ