メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

<  第7回朝日杯第2局  > 1次予選1回戦 ▲倉川尚アマ―△竹内雄悟四段

倉川アマ、悔しい逆転負け

対局日:2013年7月6日

第1図:  拡大  

第2図:  拡大  

第3図:  拡大  

第4図:  拡大  

第5図:  拡大  

第6図:  拡大  

終了図:  拡大  

■全国大会の覇者、倉川アマ

 倉川尚アマは31歳の会社員。昨年大阪に転居し、今年3月、近畿ブロック代表として参加した第36回朝日アマ名人戦全国大会で初優勝した。清水上徹・朝日アマ名人に挑んだ三番勝負では、第1局を先勝し、タイトル奪取にあと1勝まで迫る活躍を見せた。今回の朝日杯が初めてのプロ公式戦となる。

 その対戦相手が、今年4月にデビューした竹内雄悟四段。山崎隆之八段や糸谷哲郎六段など、関西で数多くの棋士を弟子に持つ森信雄七段門下の一人である。

 午後2時、倉川アマの先手で対局が始まった。振り飛車党の竹内が選んだ戦型はダイレクト向かい飛車(第1図)。以下▲6五角△7四角▲4三角成と進み、序盤から目が離せない展開となった。

■竹内、動き過ぎて作戦負けに

 先手は1歩得、後手は金を手持ちに駒組みを進めて第2図。ここで△6二玉から囲い合いを目指せば一局だが、竹内は△7五歩と積極的に動いた。▲同歩なら△6五角から馬を作る狙いだ。

 しかし、本譜▲7八金△7六歩▲同銀と冷静に対処されてみると、次に▲7五歩と位を取る手があり、逆に△6二玉と上がりにくくなっている。機敏に動いたはずの△7五歩が、自ら作戦負けを招く結果となった。局後、竹内自身も「△7五歩は指し過ぎでした」と反省している。

 その後、倉川アマが8筋方面の勢力を拡大させたことで、竹内の玉は△4一玉と反対方向への移動を余儀なくされた。

■勝負手と疑問手

 第3図は倉川アマがうまく陣形をまとめて作戦勝ちとなっている。

 ここから△5四金▲8四歩△4五歩▲同歩△同金▲8三歩成△4六歩▲5八銀△8三銀と進んだ。

 △5四金は勝負手。竹内は8筋の攻めをいなし、中央で争う方針に切り替えた。居玉の先手にとっては最も嫌な順である。▲8四歩にも△4五歩と攻め合い、△4六歩▲5八銀まで進んだ局面は勝負手が功を奏したように思えた。

しかしその直後の△8三銀が疑問手だった。ここは△5五金▲4八歩を利かしてから△8三銀と取るべきだった。▲4八歩が入れば先手陣は壁形で、玉の危険度が大きく違うのである。

■好手、▲4三歩

 本譜△8三銀に倉川アマが打った▲4三歩(第4図)が強烈なパンチ。この手に対する適当な応手がない。

(1)△4三同飛なら▲6一角の飛車銀両取り。

(2)△8二飛や△6二飛なら▲7一角△5二飛▲6三歩。

(3)△4一飛や△5二飛、△7二飛なら▲6三角の飛車金両取りが厳しい。

 特に(3)の変化のときに△5五金を利かし忘れた罪の重さがわかる。金が5五にあればこの変化はなかった。

 竹内は本譜△8二飛▲7一角に、△9二飛▲5三角成△4四金とひねった受けを見せたが、以下▲4二歩成△同飛▲同角成△同銀▲2四歩と進んで倉川アマが優勢となった。

■決め手に見えた桂

 その後も倉川アマの厳しい攻めが続く中、竹内も最善の粘りを見せる。そして△4一角と受けた第5図。すでに両者は1分将棋。倉川アマは秒読みの中、力強い手つきで▲5五桂と打った。△同金なら▲4二飛成△同玉▲4三歩△同玉▲3四銀と手順に角を取りながら迫ることができる。

 指された瞬間、「決まったか?!」と思わせる鋭い桂打ちだったが、△5四玉とかわされてみると、逆に上部が広くて寄せにくい。

 第5図では▲4五歩と打つ手が勝った。△同金なら先の手順同様▲4二飛成からの寄せがある。この手を逃してから、先手優勢の流れが徐々に怪しくなり始めた。

■逆転

 △5四玉以下、▲3三竜△同銀▲6二飛成△4五玉と進んで第6図。ここで▲6四竜と引いた手が敗着となった。以下△4七歩成▲同銀△5七歩成と、玉頭にと金を作られて逆転となった。

 第6図では▲6七金と寄る手があった。5七の地点を受けつつ、次に▲5六金と出る手を見た攻防手である。

 本譜は△5七歩成以下、▲4六歩△3四玉▲4五角と迫ったが、△2四玉ではっきり寄らない。先手の持ち駒は歩しかないので読みやすい局面である。ここで竹内は勝ちを確信したのだろう。△2四玉を指した後、ずっと前傾姿勢だった体を起こし、表情は落ち着きを取り戻していた。

■竹内が2回戦へ

 その後も必死に勝ち筋を探す倉川アマだが、すでに竹内は読み切っていた。途中▲4七馬と引く勝負手にも△6八銀から清算して盤石の態勢を築く。

 △2三角(終了図)で倉川アマが投了した。最後は眠っていた4一の角を活用して終局となった。終了図では6七に合駒しても、△同角成以下の即詰みである。

 倉川アマにとっては悔しい敗戦。それでも局後のインタビューで「中盤まではうまく指せていたと思いますが、最後に力の差が出てしまいました」と終始笑顔だった。

 トップアマの攻めの鋭さ、そしてプロの懐の深さ。本局はその両方が盤上で表現された一局だった。

(夏芽)

検索フォーム

朝日新聞 将棋取材班 公式ツイッター

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

将棋グッズ

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】「音のカーテン」で騒音を遮断

    睡眠時や集中したい時に使える

  • 写真

    【&TRAVEL】豪華客船でショーを観劇

    現代風「鶴の恩返し」〈PR〉

  • 写真

    【&M】可士和氏「神は細部に宿る」

    今治タオル事業での新戦略

  • 写真

    【&w】安藤和津さんに聞く

    プラチナの魅力〈PR〉

  • 写真

    好書好日一条ゆかり、デビュー50年

    原動力は究極のナルシシズム

  • 写真

    WEBRONZA外国人労働者拡大の危うさ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン山本編集長が語る選ぶべき靴

    ビジネスで最適な一足とは?<PR>

  • 写真

    T JAPAN勅使川原三郎、ゼロに還る勇気

    プロとして表現し続けるために

  • 写真

    GLOBE+中国に学ぶ時代が来た?

    連載「創業@中国」

  • 写真

    sippoブログで見かけた柴犬

    やっぱり犬を飼いたい!

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ